iMovieに最初から入っている音楽をSNSで動画投稿すると著作権侵害?Appleサポートに確認

 

 

 

iMovieに初めから入っている音楽を使うと著作権を侵害してしまうのでしょうか?気

今回は【iMovieに最初から入っている音楽をSNSで動画投稿すると著作権侵害】の確認になります。

 

ロイヤリティフリーまたはクリエイティブコモンズ向けのサウンドトラックの入手先

 

優れた無料音楽の私の個人的なお気に入りのリポジトリは、YouTubeのCreatorStudio内にあります。MacまたはPCにアクセスできる場合は、ロイヤリティフリーの音楽の膨大なコレクションをプレビューしてダウンロードし、ジャンルの種類と長さとともに、ライセンス(通常は帰属が必要または帰属なしのライセンス)を並べ替えることができます。

 

  1. パソコンでYouTubeを開きます。
  2. 右上隅にあるユーザーアイコンをクリックします。
  3. 選択クリエイターツールを
  4. 左側のメニューから[作成]を選択します
  5. お好み音楽を検索してダウンロードします

 

覗いてみる価値のある他のサイトには、IncompetechMobygratisccmixterShutterstockなどがあります。

 

 

iCloudドライブを使用してiOS用iMovieにロイヤリティフリーの音楽を追加する方法

 

 

  1. Macでダウンロードフォルダ(または曲を保存した他の場所)を開きます。
  2. ダウンロードしたMP3をiCloudドライブに移動します。
  3. iPhoneで、iMovieアプリでプロジェクトを開きます。
  4. [追加]ボタンをタップします。
  5. iCloudドライブを選択します
  6. 問題のオーディオアイテムをタップして、プロジェクトに追加します。

 

 

iCloudミュージックライブラリを使用して、iOS用のiMovieにロイヤリティフリーの音楽を追加する方法

オフラインでプロジェクトに曲を使用したい場合は、iTunesを介してロイヤリティフリーのトラックをiCloudミュージックライブラリに追加できます。

  1. Macでダウンロードフォルダ(または曲を保存した他の場所)を開きます。
  2. ダウンロードしたMP3をiTunesで開きます。(お持ちの場合は、アップルの音楽iTunesのマッチのサブスクリプションを持っているとiCloudのミュージックライブラリが有効になって、あなたの曲が自動的にiCloud上にアップロードされます。)
  3. iPhoneで、ミュージックアプリを開きます。
  4. 追加した曲を検索します(または最近追加したセクションを確認します)。
  5. ダウンロードアイコンを押します。
  6. ダウンロードが完了したら、iMovieアプリでプロジェクトを開きます。
  7. [追加]ボタンをタップします。
  8. オーディオを選択します。
  9. セクションをタップします。
  10. 問題のを検索します。
  11. をタップしてプレビューし、[使用]をタップしてプロジェクトに挿入します。

 

 

SNSへの投稿動画は著作権侵害??

 

iMovieに初めから入っている音楽を使って作った動画をSNSなどにアップしても著作権侵害にはなりません。

iMovieにはじめから入っている音楽をアップしたのに、SNS側でブロックされたときのアップ方法についてまとめてみます。

 

 

どんな音楽がダメなのか?

 

使っていいものは、基本的に著作権フリーのものや使用許可があるもの、自分で作ったオリジナルのものだけです。

自腹をきって買った音楽も、ソーシャルにのせてしまうとダメな場合もあるので注意しましょう。全てiMovieにデフォルトで入っているものだけを使用して動画を作るようにしています。

 

 

まとめ

 

今回はiMovieに最初から入っている音楽をSNSで動画投稿すると著作権侵害?Appleサポートに確認になります。