iMovieでビデオの再生速度を早送り/高速化やスロー/遅くしたりする設定方法【MAC/iPhone/iPad対応】

 

 

ビデオを編集および変更できるプログラムはたくさんあります。

そのうちの1つはIMovieです。これは、Apple製品用に開発されたプログラムです。これは、ユーザーがMac、iPhone、iPadで使用できることを意味します。

今回は【iMovieでビデオの再生速度を早送り/高速化やスロー/遅くしたりする設定方法】を紹介します。

 

 

Mac版iMovieでビデオ速度を早送り/高速化する方法

 

Macでプロジェクトに対してiMovieを開き、ムービータイムラインのビデオクリップをクリックします。次に、次の手順を実行して速度を上げます。

 

1)ビューアの上にある[速度]ボタンをクリックします

2) [速度]ドロップダウンボックスで[高速]を選択します。

3) ドロップダウンボックスの横にある2x、4x、8x、または20xから選択して、ビデオの移動速度を決定します。

iMovieが高速Macにスピードアップ

 

メニューバーから[変更] > [早送り]をクリックして、そこで速度の増加選択することもできます。

 

 

Mac版iMovieでビデオ速度をスロー/遅くする方法

 

ビデオクリップの速度を落としたい場合は、次の簡単な手順に従ってください。

 

1)ビューアの上にある[速度]ボタンをクリックします

2) [速度]ドロップダウンボックスで[低速]を選択します。

3) ビデオの速度を落とす割合について、ドロップダウンボックスの横にある10%、25%、または50%から選択します。

 

メニューバーから[修正] > [スローモーション]をクリックして、そこで速度低下率選択することもできます。

 

速度調整をリセットする方法

 

速度を上げたり下げたりしてやっぱり気に入らないと思ったら、簡単にリセットできます。[編集] > [元に戻す]アクションを使用できますが、多くの調整を行うと、より迅速な方法があります。

 

 

1)ビューアーの上にある[速度]ボタンをクリック

2) 右端まで[リセット]をクリック、またはメニューバーから[変更] > [速度のリセット]を選択することもできます。

 

 

 

iOS版iMovieでビデオ速度を早送り/スロー化する方法

Mac / iPadのiMovieで早送りする方法

 

iPhoneまたはiPadで、プロジェクトに対してiMovieを開き、[編集]をタップして、ムービーのタイムラインでビデオクリップを選択します。次に、以下を実行して速度を調整します。

 

1. IMovieでビデオを開くか、新しいプロジェクトを作成します。

Mac / iPadのiMovieで早送りする方法

 

2.下部にある[速度]ボタンをタップします

3. 下部のスライダーをうさぎに向かって右に動かすと増加し、左に移動すると亀に向かって減少します。iOSでは、速度を最大2倍に上げ、1/8に下げることができます。

4. 行った速度調整を削除するには、クリップを選択し、[速度]ボタンをタップしてから、右側の[リセット]をタップします

 

 

 

まとめ

 

 

今回は【iMovieでビデオの再生速度を早送り/高速化やスロー/遅くしたりする設定方法】を紹介します。

iMovieでビデオの速度を上げたり下げたりすると、ムービーに独自の何かを追加できます。コミカルにし、ドラマチックにしますのでうまく使用しましょう!!