iMovieで動画やビデオクリップ部分的な「ぼかし」や「モザイク処理」を入れる方る方法やり方【MAC/iPhone/iPad対応】

 

 

ビデオのモザイクは、メモリを消費するビデオを、帯域幅が少なく、時間とサイズの節約が少ない完全な情報を含む静止画像に置き換えるのに役立ちます。

多くの理由により、ビデオ内の顔、動くオブジェクト、または自社ブランドをぼかしたい場合があります。

この投稿では【iMovieで動画やビデオクリップ部分的な「ぼかし」や「モザイク処理」を入れる方る方法やり方【MAC/iPhone/iPad対応】を解説していきます。

 

 

iMovieで「ぼかし」や「モザイク処理」を設定する方法【MAC】

 

iMovieは、Appleのライセンスに基づいてMacおよびiOSユーザー向けに販売されているビデオ編集プログラムです。iMovieにはビデオの顔をぼかすのに役立つ機能がたくさんあります。

このステップバイステップガイドを使用して、ビデオの顔をぼかす方法を見てみましょう。

 

ステップ1:画像とビデオをiMovieにロード

 

ぼかし効果の画像を準備し、画像とビデオをiMovieにロードする必要があります。または、以下の手順を使用してiMovieで顔のスクリーンショットを撮ることができます。

 

1:iMovieを起動し、「設定」>「一般」>「高度なツールを表示」を選択します。

2:ナンバープレートに表示できるビデオクリップを選択し、「Shift-Command-4」を押して顔のスクリーンショットを撮ります。シャッター音が聞こえたら、画像がキャプチャされたことを意味します。

3:デスクトップでキャプチャした画像を見つけて、Photoshopなどの画像エディタで編集します。これで、ぼかし効果のある画像が得られます。

4:画像をデスクトップに保存します。

 

 

ステップ2:iMovieのタイムラインにドラッグ

 

顔をぼかしたい画像とビデオをiMovieのタイムラインにドラッグ。ここでは、以下のようにタイムライン上のビデオクリップ全体をカバーするように画像をドラッグする必要があります。

 

 

ステップ3:オーバーレイコントロールオプション

 

1:画像を選択して選択し、カーソルを上に移動

2:トリミングオプションを選択し、[フィット]を選択します。

3:次に、オーバーレイコントロールオプションを選択します。

 

 

ステップ4:[ピクチャーインピクチャー]を使用

 

1:このドロップダウンに移動し、[ピクチャーインピクチャー]を選択します。

2:次に、ディゾルブしてフェードアウトしないように、ディゾルブ時間を0.0に固定する必要があります。その後、タイムラインに戻り、オブジェクトをぼかしたいフレームの再生ヘッドを取ります。

 

 

 

ステップ5:オブジェクトに合わせて調整

 

1:オーバーレイオプションに移動し、ピクチャーインピクチャーを再度選択。

2:画像を引っ張って、うまくいくまでぼかしたいオブジェクトに合わせて調整。

3:次に、再生ヘッドに新しいレイアウトを挿入し、キーフレームボタンをクリック。

 

 

ステップ6:ぼやける効果を選択

 

1:次に、キーボードの矢印キーを使用する必要があります。

2:右矢印を押して、ビデオ全体でオブジェクトがぼやけるまで、ビデオフレームをフレームに移動します。画像が目立つ場合は、各フレームでもう一度非表示にします。

 

 

iPhoneとiPadのiMovieでビデオをぼかす方法は?

 

MacBookのiMovieでビデオの一部をぼかして、iMovieのぼかしビデオ効果を実現する方法を学んだ後、iMovieiPhoneでビデオをぼかす方法について説明しましょう。

手順は似ているかもしれません。それでは、特定の手順を一緒に見てみましょう。

 

ステップ1ぼやけた画像またはモザイク画像を見つける

 

iPhoneまたはiPadのiMovieでビデオをぼかす方法を学ぶための最初のステップは、ぼかされた画像またはモザイク画像を見つけて、後で使用できるようにカメラロールに保存することです。 

 

ステップ2新しいプロジェクトを立ち上げる

 

1:iMovieで新しいプロジェクトを起動

2:ぼかす効果を作成するビデオクリップをインポート。ビデオがタイムラインに表示され、次のことができます。

3:右上隅にある小さな音楽とビデオのアイコンを選択します。 
 

 

ステップ3ぼやけた画像またはモザイク画像をインポートする

 

1:3ドットボタンをクリックして、ぼやけた画像またはモザイク画像をこのプロジェクトにインポートすると、画像がビデオクリップに表示されます。 

 

 

ステップ4ぼやけた領域を調整する

 

1:下部の画像クリップを押してから、矢印アイコンを押す

1:ぼやけた画像またはモザイク画像をビデオクリップのターゲット領域に移動する必要があります。一方、必要に応じて、ピンチして画像サイズを調整できます。

3:終了したら、[完了]をクリックして保存します。

 

 

まとめ

 

 

この記事では【iMovieで動画やビデオクリップ部分的な「ぼかし」や「モザイク処理」を入れる方る方法やり方【MAC/iPhone/iPad対応】を解説でした!!

この質問に関する有用な情報を見つけていただければ幸いです。