iMovieで作成した編集動画やプロジェクトを保存セーブする方法【MAC/iPhone/iPad対応】

 

 

 

Macコンピュータ、一度に複数のiMovieプロジェクトに取り組む、と簡単にあなただ完成したら、それらを保存することができます。

AppleのiMovieを使用すると、事前にダウンロードした予告編テンプレートからプロジェクトを作成したり、家族での休暇や誕生日パーティーのビデオを編集するための新しい映画を作成したりできます。プロジェクトが完了したら、特定のフォルダーであろうとデスクトップに直接であろうと、プロジェクトをファイルに保存できます。

今回は【iMovieで作成した編集動画やプロジェクトを保存セーブする方法】の紹介です。

 

 

MacコンピュータでiMovie動画を保存する方法

 

 

1.お使いのMac上のiMovieを開きます。

2. [プロジェクト]タブから進行中のプロジェクトを選択します。プラス(+)オプションをクリックして予告編テンプレートを選択するか、新しいフリーフォームムービーを開始して、新しいプロジェクトを開始することもできます。

プロジェクトを選択するか、新しいプロジェクトを開始します。

 

 

 

3.保存するプロジェクトがすでに完了している場合は、名前の右側にある3つのドットをクリックし、ポップアップリストから[プロジェクトの共有]を選択します。

 

4.リストの下部から[ファイル]を選択します。他のオプションでは、電子メールまたはソーシャルメディアを介してプロジェクトを直接共有できますが、「ファイル」に共有すると、コピーがMacに直接保存されます。「シアター」で共有すると、プロジェクトはiMovieにのみ保存され、コンピュータの他の場所からはアクセスできなくなります。

ドロップダウンメニューから[ファイル]を選択します。 

 

5.これにより、保存したビデオをカスタマイズするためのオプションを含むポップアップが開きます。解像度と品質を調整するとともに、説明とタグを追加できます。[劇場]タブで映画を表示する場合は、[劇場に追加]チェックボックスをオンにします。 

 

6. [次へ…]をクリックします

7. iMovieは、ファイル名と場所を選択するように要求します。[名前を付けて保存]の横にファイル名を入力し、[場所]の横の場所(特定のフォルダーまたはデスクトップ)を選択します。 

8. [保存]をクリックしてプロセスを完了します。

 

[ファイル]メニューからMacにiMovieプロジェクトを保存する方法

 

iMovieプロジェクト内からこの同じポップアップをもアクセスすることができます。

 

1.クリックしてプロジェクトを開くか、新しいプロジェクトを作成します。

2.プロジェクトが完了したら、アプリの上部にあるツールバーの[ファイル]タブに移動します。これは、Appleアイコンと太字の「iMovie」設定の右側にある最初のオプションになります。

3.ドロップダウンメニューから[共有]を選択します。

 

 

4.「ファイル」を選択します。これにより、ポップアップが開き、Macコンピューターにプロジェクトが保存されます。

 

 

PhoneとiPadでムービープロジェクトを共有またはエクスポート保存

 

iPhoneとiPadでは、ムービープロジェクトを共有またはエクスポートするための追加オプションがいくつかあります。

 

1.メイン画面でプロジェクトを選択し、次の画面で下部にある[共有]ボタンをタップします

2.AirDrop、YouTube、メッセージ、メールなど、デフォルトとして設定したデバイス共有オプションが表示されます。ムービープロジェクトをファイルとして保存し、後で送信または共有することもできます。

 

3.YouTubeのようなルートを選択すると、解像度やプライバシーなど、Macのように構成できるオプションがいくつかあります。

 

 

4.選択を行い、プロンプトに従ってプロセスを完了してください。

 

 

まとめ

 

 

今回は【iMovieで作成した編集動画やプロジェクトを保存セーブする方法】の紹介でした。