MacとiOSのiMovieでナレーション/アフレコを録音して音声を吹き込む追加する方法【MAC/iPhone対応】

 

 

iMovieでムービーを作成していて、独自のナレーションを追加したい場合、これは想像以上に簡単です。iMovieのナレーション機能を使用して、ナレーションを録音したり、特定のサウンドを追加したりすることができます。

今回は【MacとiOSのiMovieでナレーション/アフレコを録音して音声を吹き込む追加する方法】の紹介になります。

Macでナレーション/アフレコを録音する方法

 

MacのiMovieでナレーションの録音を開始するには、ムービーのタイムラインでナレーションを表示する場所に再生ヘッドを移動してから、次の手順を実行します。

ナレーションをiMovieタイムラインに直接録音できます。

 

1:ナレーションを録音するには、メニューバーの[ウィンドウ]をクリック

2:開いたメニューの約半分で[ナレーションの録音]を選択します。

キーボードの「V」を押すだけでもかまいません。

 

3:ボイスオーバーのオプションが下に表示されます

白いスライダーバーで示されているナレーション設定ボタンをクリックして、適切なマイクを選択してください。

 

4:録音するには、中央にある赤い[録音]ボタンをクリック

 

録音を開始する前に3秒間のカウントダウンが表示されます。

 

5:スペースバーを押すか、赤い録音ボタンをもう一度クリックして、録音を停止します。

 

6:次に、エッジをドラッグして最初と最後をトリミングし、緑色のバーの上部からドラッグしてナレーションの位置を変更できます。

7:クリップの音量を大きくするには、緑色のバーの中心に沿って水平に走る線の上にカーソルを置き、音量を小さくするかどうかに応じて、クリックして上下にドラッグします。

※波形の先端が赤くなると、音量が大きすぎて歪んで聞こえます。

 

8:カットを作成して録音の一部を削除または再配置するには、最初にカットを作成する録音をシングルクリックします。これにより、再生ヘッドがカットが行われる場所に移動します

 

9:次に、メニューバーの[変更]をクリック

10:開いたメニューの約半分で[クリップの分割]を選択します。

キーボードの「Command + B」を押すこともできます。

 

11:これにより、クリップが分割されます。

 

ナレーションの一部を削除するにはそれをクリックしてキーボードの削除を押します。

 

 

iOSでナレーション/アフレコを録音する方法

 

iPhoneまたはiPadのiMovieでナレーションの録音を開始するには、ムービーのタイムラインでナレーションを表示する場所に再生ヘッドを移動してから、次の手順に従います

 

1: iPadの場合は、タイムラインの左上にある[マイク]ボタンをタップ、iPhoneの場合は、プラス記号をタップして[ナレーション]を選択します。

 

 

3: 終了したら[停止]が表示されます オーディオ 録音中にメーターを押して、タップするだけです

4:録音をキャンセル、再取得、確認、または承認するための小さなメニューが表示されます。

 

あなたがナレーションで満足している場合は、タップが受け入れ、記録は、ムービータイムラインの新しいクリップとして表示されます。

 

 

まとめ

 

今回は【MacとiOSのiMovieでナレーション/アフレコを録音して音声を吹き込む追加する方法】の紹介でした。

ナレーションを追加すると、さまざまな種類の動画作成に非常に便利です。

また、iMovieのナレーション機能がいかに簡単であるかによって、そのナレーションをわずか数分で録音して追加することができます。