iMovieで動画やビデオクリップを逆再生する方法やり方【MAC/iPhone/iPad対応】

 

 

 

MacのiMovieでビデオクリップを反転して、逆方向に再生することができます。

この気の利いたトリックはあなたの動画にちょっとしたエッセンスを与えることができ、しかも導入はとても簡単です。

今回は【iMovieで動画やビデオクリップを逆再生する方法やり方【MAC/iPhone/iPad対応】】について解説していきます

 

MacのiMovieでビデオクリップを逆再生する方法

 

 

iMovieを開くあなたのMac編集のためにプロジェクトに追加します。

次に、次の手順に従ってクリップを逆再生します。

 

1) ムービータイムラインでビデオクリップ選択します。

2)ビューアの上にある[速度]ボタンをクリックします

3)リバースのチェックボックスをオンにします。

 

これであなたのビデオクリップ 逆方向に再生し、速度を調整したり、トリミングしたり、エフェクトを適用したり、順方向に再生したときと同じように好きなことを行うことができます。

 

 

複数のビデオクリップを逆再生する方法

 

複数のクリップを逆再生したい場合は、この変更を行うためにそれらを個別に選択する必要はありません。

 

  • すべてのビデオクリップ を一度に選択するには、メニューバーから[編集] > [すべて選択]をクリックします。
  • 隣接するビデオクリップの範囲を選択するには、タイムラインの最初のクリップをクリックし、Shiftキーを押しながら、範囲内の最後のクリップをクリックします。
  • 隣接していない複数のビデオクリップを選択するには、最初のクリップをクリックし、コマンドキーを押したまま、残りのクリップをクリックし続けます。

 

上記の方法のいずれかを使用して複数のクリップを選択すると、最初の一連の手順に従って、[反転] チェックボックスをオンにすることができます

選択したすべてのクリップが逆方向に再生されます。

 

 

iPhone版iMovieでビデオを逆再生する方法

 

 

一方でiPhoneのiMovieには逆再生のアプリに組み込まれていません。逆再生機能は、あなたのiPhoneでビデオを逆にするサードパーティのアプリをダウンロードすることができます。

Reverse Vidを使用して動画を逆再生する方法は次のとおりです。

 

1. iPhoneのロックを解除し、AppStoreアプリをタップします。 

2. App Storeで[検索]をタップし、[逆Vid]と入力して、キーパッドで検索を押します。 

AppStoreの検索バーに「ReverseVid」と入力します 
テイラーライルズ/ビジネスインサイダー

 

 

3.検索結果で、「Reverse Vid:PlayItBackwards」をダウンロードします。 

検索結果で「Reverse Vid:逆再生」をタップしてアプリをダウンロードします。 

 

 

4.「Reverse Vid」をタップしてアプリを起動します。メイン画面で、反転するビデオのタイプを選択します。「新規」を押すと、アプリの起動中に新しいビデオを録画できます。または、[ライブラリ]をクリックして、以前に録画したビデオまたは画面録画を選択して元に戻すこともできます。 

 

 

5.反転するビデオができたら、画面の中央下にあるスライドバーを使用して、ビデオが反転する速度を調整できます。「プレビュー」をタップすると、アプリが自動的にビデオを希望の速度で反転させます。

スライドバーを使用して、ビデオの速度を調整します。 

 

6.ビデオに満足したら、右上隅にある[保存]をクリック

7.反転したビデオをカメラロールに保存できます。 

 

 

まとめ

 

ビデオクリップを逆に再生すると、ムービーに非常に興味深い効果を追加できます。iOSでこれを行うことはできませんが、サードパーティのアプリを導入することで代用できます。

またMacのiMovieで行うのは非常に簡単なので導入しましょう!!