DaVinciResolveでスローモーション・早送りなど動画の速度を変更するやり方まとめ

 

 

DaVinci Resolve でビデオファイルの速度変更するには、いくつかの方法があります。速度が低下したときにResolveが前のフレームを解釈する方法を変更する方法がいくつかあるのと同じです。

たとえば、クリップ全体の速度を下げて、フレーム補間を「最も近い」に設定すると、フレームが複製されます。または、クリップの速度をその持続時間の一部だけ下げて、「オプティカルフロー」を選択することもできます。

これにより、前後のフレームの情報に基づいて新しいフレームが生成され、元のショットが高フレームレートで撮影されたかのように、リアルなスローモーション効果が作成されます。

 

 

DavinciResolveを使用したスローモーションビデオを作成方法

 

重要なものが強調表示されたり、特殊効果を作成したりする場合があります。これは、Davinci Resolve wellbeeignetのスローモーション機能です。

 

  1. まず、Davinci Resolveで新しいプロジェクトを開始し、編集するビデオをタイムラインにドラッグします。
  2. ビデオを右クリックすると、メニューがポップアップ表示されます。ここで、「クリップ速度の変更」(ドイツ語:クリップ速度の変更)を選択します。
  3. ビデオを遅くするには、新しいウィンドウで減少させ、「速度」にパーセンテージ値を入力します。その結果、2つの設定が相互に依存しているため、「期間」、つまりビデオクリップの長さが延長されます。
  4. 「変更」をクリックすると、プログラムが変更を適用します。ビデオの外観については、タイムラインの再生機能を使用して確認してください。

 

 

DavinciResolve速度変更方法

 

速度の増減やクリップ全体のフリーズなど、単純な速度変更効果の作成を見てみましょう。

これを行うには2つの方法があります。

  • メニューバーでクリップを選択し、「クリップ速度の変更」を選択します。
  • タイムラインでクリップを右クリックし、「クリップ速度の変更」を選択します。

どちらの方法でも、次のポップアップボックスが表示されます。

ここでは、速度をパーセンテージで増減できます。さらに、フッテージが現在120 fpsでロックインされていて、まだ24 fpsに変換されていない場合は、必要に応じてfps設定を変更できます。

 

Adobe Premiere Proで私が心から見逃している機能の1つは、カメラの静止ボタンです。

ボタンは静止画をデスクトップに保存します。これは、ソフトウェアビデオで作業しているときに非常に便利であり、何かを説明し続ける間、画面キャプチャを一時停止する必要がありました。

フリーズフレーム機能解決のポップアップボックスには良い選択肢です。別の静止ファイルを作成するPremiereのスナップショットオプションとは異なり、フレームのフリーズ機能は、選択したクリップ全体をフリーズし、再生ヘッドが現在ある場所に静止画を表示します。したがって、フレームをフリーズする場所にカットを作成する必要があります。

 

オンにすると、リップルシーケンスは、速度の変化によるクリップの長さの変化に対応するために、先行するすべてのクリップをプッシュまたはプルします。これらはすべて非常に基本的な速度変更効果ですが、目的の効果を達成するために効率的な表示で多くの制御が可能です。Premiere Proを使用したことがある場合は、ポップアップボックスのレイアウトに精通している可能性があります。

 

 

高度な速度変更

 

リタイムコントロールを使用して、Resolve編集インターフェイス内で非常に複雑な速度変更を作成することもできます。

たとえば、クリップの速度を200パーセント上げてから、逆にしてから50パーセントで順方向に再生することができます。すべて同じクリップ内で、1つの効果だけを適用します。

クリップを選択して[クリップのリタイム]を選択すると、リタイムコントロールをアクティブにできます。または、キーボードショートカットの愛好家は、クリップを選択してCMD-R / CTRL-Rを押すこともできます。

 

 

ここでは、PremiereとResolveの視覚的な違いの1つである、クリップ自体の速度変化の視覚化を確認できます。

リタイムを入力すると、クリップの上部に矢印が表示されます。黄色の矢印はクリップの速度が低下したことを示し、コンパクトな青い矢印はクリップの速度が上がったことを示します。

また、クリップの速度の増加または減少の程度も確認できます。ただし、何百もの異なるクリップを含む多くのレイヤーがある場合は、速度の変化を視覚化すると、クリップをより簡単に見つけることができます。

 

 

Premiere Proのレートストレッチツールと同様に、リタイムバー(Speed Changeと表示されている場所)のクリップの上にカーソルを移動するだけで、クリップを手動で展開できるようになりました。

側面をドラッグしてクリップレートストレッチしようとすると、クリップの自然な持続時間が拡大または縮小します。

通常の編集モード(キーボードショートカットA)を使用している場合、速度の長さがクリップサイズを大きくすると、隣接するメディアがトリミングされることに注意してください。あなたがしている場合はトリム編集モード(キーボードのT)、あなたはタイムラインをリップルます。

 

 

クリップの下部には、小さな黒いドロップダウン三角形もあります。

これをクリックすると、リタイム速度メニューが開きます。ここでは、クリップ速度メニューと同じオプションに加えて、いくつかの追加機能が表示されます。ここでの違いは、操作の動作が異なることです。これらは高度な方法で動作します。

これは、クリップ全体の速度を150%に変更するほど簡単ではありません。

 

Resolve 12.5の速度変更テクニック—クリップ速度メニュー

 

たとえば、標準の速度変更設定を使用するときにクリップ全体をフリーズする[フレームのフリーズ]を選択すると、特定の時間フリーズできるクリップのセクションが表示されます。

これは、本質的に、Premiereのまだ機能に近いものです。選択ツールまたはトリムツールを使用すると、前のクリップがフリーズしたフレームの延長された持続時間にどのように反応するかが完全に変わることに注意してください。

 

 

リタイムオーバーレイを使用すると、スピードランプ効果を作成することもできます。ドロップダウンメニューを選択し、速度ランプ(0%から0%まで)を選択することで、クリップをいくつかの異なるセクションに分割します。

これらのセクションはすべて、速度(増加または減少)が異なり、完全にカスタマイズできます。 。[100%にリセット]をクリックして、各セグメント速度を変更したり、セクションを増やしたり、完全に削除したりできます。個々のセグメントのスライダーをドラッグすると、速度をすばやく変更できます。

 

以前、タイムリマップされたクリップに適用できるさまざまなフレーム補間設定に触れました。

この設定をクリップの好みの選択に調整するには、タイムラインでクリップを選択し、インスペクターを開いて、下にスクロールしてリタイムとスケーリングを行います。

次に、[リタイムプロセス]メニューから、[最も近い]、[フレームブレンド]、および[オプティカルフロー]の3つのオプションを選択できます。

フレームブレンドオプションは、基本的に最も近いオプティカルフロープロセスのブレンドです。隣接するフレームが一緒に溶解して、速度の増減をスムーズにします。

 

 

これは、一言で言えば、速度効果の解決です。表面的には、他のNLEとほぼ同じように見えます。リタイムエフェクトオーバーレイを開くとすぐに、クリップの速度を簡単に変更できます。

数年前、24 fpsのショットをスムーズなスローモーションに変換したい場合は、Twixitorなどの非常に高価なプラグインを購入する必要がありました。多くのNLEやコンポジターがこれを基本的なソフトウェア操作に統合しているのを見るのはとてもクールです。これは、24 fpsで撮影され、最も近いフレームを使用して25%に減速されたクリップです 比較ではオプティカルフローを使用します。

 

まとめ

 

今回は【DaVinciResolveでスローモーション・早送りなど動画の速度を変更するやり方まとめ】のやり方の紹介でした。