DaVinciResolveでスローモーション・早送りなど動画の速度を変更するやり方まとめ

 

 

DaVinci Resolve でビデオファイルの速度変更するには、いくつかの方法があります。速度が低下したときにResolveが前のフレームを解釈する方法を変更する方法がいくつかあるのと同じです。

たとえば、クリップ全体の速度を下げて、フレーム補間を「最も近い」に設定すると、フレームが複製されます。または、クリップの速度をその持続時間の一部だけ下げて、「オプティカルフロー」を選択することもできます。

これにより、前後のフレームの情報に基づいて新しいフレームが生成され、元のショットが高フレームレートで撮影されたかのように、リアルなスローモーション効果が作成されます。

 

 

DavinciResolveを使用したスローモーションビデオを作成方法

 

重要なものが強調表示されたり、特殊効果を作成したりする場合があります。これは、Davinci Resolve wellbeeignetのスローモーション機能です。

 

  1. まず、Davinci Resolveで新しいプロジェクトを開始し、編集するビデオをタイムラインにドラッグします。
  2. ビデオを右クリックすると、メニューがポップアップ表示されます。ここで、「クリップ速度の変更」(ドイツ語:クリップ速度の変更)を選択します。
  3. ビデオを遅くするには、新しいウィンドウで減少させ、「速度」にパーセンテージ値を入力します。その結果、2つの設定が相互に依存しているため、「期間」、つまりビデオクリップの長さが延長されます。
  4. 「変更」をクリックすると、プログラムが変更を適用します。ビデオの外観については、タイムラインの再生機能を使用して確認してください。

 

 

DavinciResolve速度変更方法

 

速度の増減やクリップ全体のフリーズなど、単純な速度変更効果の作成を見てみましょう。

これを行うには2つの方法があります。

  • メニューバーでクリップを選択し、「クリップ速度の変更」を選択します。
  • タイムラインでクリップを右クリックし、「クリップ速度の変更」を選択します。

どちらの方法でも、次のポップアップボックスが表示されます。

ここでは、速度をパーセンテージで増減できます。さらに、フッテージが現在120 fpsでロックインされていて、まだ24 fpsに変換されていない場合は、必要に応じてfps設定を変更できます。

 

Adobe Premiere Proで私が心から見逃している機能の1つは、カメラの静止ボタンです。

ボタンは静止画をデスクトップに保存します。これは、ソフトウェアビデオで作業しているときに非常に便利であり、何かを説明し続ける間、画面キャプチャを一時停止する必要がありました。

フリーズフレーム機能解決のポップアップボックスには良い選択肢です。別の静止ファイルを作成するPremiereのスナップショットオプションとは異なり、フレームのフリーズ機能は、選択したクリップ全体をフリーズし、再生ヘッドが現在ある場所に静止画を表示します。したがって、フレームをフリーズする場所にカットを作成する必要があります。

 

オンにすると、リップルシーケンスは、速度の変化によるクリップの長さの変化に対応するために、先行するすべてのクリップをプッシュまたはプルします。これらはすべて非常に基本的な速度変更効果ですが、目的の効果を達成するために効率的な表示で多くの制御が可能です。Premiere Proを使用したことがある場合は、ポップアップボックスのレイアウトに精通している可能性があります。

 

 

高度な速度変更

 

リタイムコントロールを使用して、Resolve編集インターフェイス内で非常に複雑な速度変更を作成することもできます。

たとえば、クリップの速度を200パーセント上げてから、逆にしてから50パーセントで順方向に再生することができます。すべて同じクリップ内で、1つの効果だけを適用します。

クリップを選択して[クリップのリタイム]を選択すると、リタイムコントロールをアクティブにできます。または、キーボードショートカットの愛好家は、クリップを選択してCMD-R / CTRL-Rを押すこともできます。

 

 

ここでは、PremiereとResolveの視覚的な違いの1つである、クリップ自体の速度変化の視覚化を確認できます。

リタイムを入力すると、クリップの上部に矢印が表示されます。黄色の矢印はクリップの速度が低下したことを示し、コンパクトな青い矢印はクリップの速度が上がったことを示します。

また、クリップの速度の増加または減少の程度も確認できます。ただし、何百もの異なるクリップを含む多くのレイヤーがある場合は、速度の変化を視覚化すると、クリップをより簡単に見つけることができます。

 

 

Premiere Proのレートストレッチツールと同様に、リタイムバー(Speed Changeと表示されている場所)のクリップの上にカーソルを移動するだけで、クリップを手動で展開できるようになりました。

側面をドラッグしてクリップレートストレッチしようとすると、クリップの自然な持続時間が拡大または縮小します。

通常の編集モード(キーボードショートカットA)を使用している場合、速度の長さがクリップサイズを大きくすると、隣接するメディアがトリミングされることに注意してください。あなたがしている場合はトリム編集モード(キーボードのT)、あなたはタイムラインをリップルます。

 

 

クリップの下部には、小さな黒いドロップダウン三角形もあります。

これをクリックすると、リタイム速度メニューが開きます。ここでは、クリップ速度メニューと同じオプションに加えて、いくつかの追加機能が表示されます。ここでの違いは、操作の動作が異なることです。これらは高度な方法で動作します。

これは、クリップ全体の速度を150%に変更するほど簡単ではありません。

 

Resolve 12.5の速度変更テクニック—クリップ速度メニュー

 

たとえば、標準の速度変更設定を使用するときにクリップ全体をフリーズする[フレームのフリーズ]を選択すると、特定の時間フリーズできるクリップのセクションが表示されます。

これは、本質的に、Premiereのまだ機能に近いものです。選択ツールまたはトリムツールを使用すると、前のクリップがフリーズしたフレームの延長された持続時間にどのように反応するかが完全に変わることに注意してください。

 

 

リタイムオーバーレイを使用すると、スピードランプ効果を作成することもできます。ドロップダウンメニューを選択し、速度ランプ(0%から0%まで)を選択することで、クリップをいくつかの異なるセクションに分割します。

これらのセクションはすべて、速度(増加または減少)が異なり、完全にカスタマイズできます。 。[100%にリセット]をクリックして、各セグメント速度を変更したり、セクションを増やしたり、完全に削除したりできます。個々のセグメントのスライダーをドラッグすると、速度をすばやく変更できます。

 

以前、タイムリマップされたクリップに適用できるさまざまなフレーム補間設定に触れました。

この設定をクリップの好みの選択に調整するには、タイムラインでクリップを選択し、インスペクターを開いて、下にスクロールしてリタイムとスケーリングを行います。

次に、[リタイムプロセス]メニューから、[最も近い]、[フレームブレンド]、および[オプティカルフロー]の3つのオプションを選択できます。

フレームブレンドオプションは、基本的に最も近いオプティカルフロープロセスのブレンドです。隣接するフレームが一緒に溶解して、速度の増減をスムーズにします。

 

 

これは、一言で言えば、速度効果の解決です。表面的には、他のNLEとほぼ同じように見えます。リタイムエフェクトオーバーレイを開くとすぐに、クリップの速度を簡単に変更できます。

数年前、24 fpsのショットをスムーズなスローモーションに変換したい場合は、Twixitorなどの非常に高価なプラグインを購入する必要がありました。多くのNLEやコンポジターがこれを基本的なソフトウェア操作に統合しているのを見るのはとてもクールです。これは、24 fpsで撮影され、最も近いフレームを使用して25%に減速されたクリップです 比較ではオプティカルフローを使用します。

 

 

 

動画編集で本格的に稼ぎたいなら有料ソフトがおすすめな理由

 

最近では個人の技術を手軽にネット上で売買することが可能になっており【ココナラやクラウドワークス】などを利用して数万~数十万稼ぐ人が多い!

実際に動画制作技術十分需要のある技術で・・

 

動画編集スキルで稼げる仕事内容

  • You Tubeなどの動画投稿サイトで稼ぐ
  • 動画編集を受注して稼ぐ
  • 動画制作会社で働く

 

など様々な働き方があり実際スマートフォンでの動画の視聴時間は2015年から2019年の5年間で4倍にまで伸びているので需要は確実に高まっています。

 

 

無料の動画編集ソフトは効率が悪い

 

「なら無料の動画編集ソフトで稼ぐことは出来ないの??」

という疑問にお答えすると「稼ぐことはできるがかなり時間効率が悪い」という解答になります。

 

 

無料の編集ソフトの場合どうしても機能が少ないため売り物レベルの加工となると、有料ソフトでは数分で済む作業が数十分かかってしまうこともザラ。

実際に上記のような[曇り空を美しい夕焼けに変える加工]もAdobeのPremiumプロであればスライドバーなで調整してかなりお手軽に加工することができる。

 

収入の目安

無料の動画編集ソフト[月数百円~数千円]

有料の動画編集ソフト[月数万円~数十万円]

 

時間効率を考えると本業を並行しながら動画作成を委託して作業する場合以上収入の内容になるので、動画編集を勉強してお金を稼ぎたいと考えているなら最初から有料の動画編集ソフトを使うことをおすすめします。

 

 

実際に著者が使用しておすすめの有料動画編集ソフト

 

 

色々動画編集ソフトを試してみた結果個人的におすすめなのが【Adobe Creative Cloud

 

 

Creative CloudはAdobeが提供している「20を超えるソフトが使い放題になる月額サブスク

 

連携できるサービス抜粋

  • プロ向け画像編集ソフト『Photoshop』
  • アニメーション特化ソフト『After Effects』
  • 画像の編集に特化したソフト『Lightroom CC』
  • スマホで手軽に編集できるアプリ『Premiere Rush』
  • プロ向け音声編集ソフト『Adobe Audition』
  • 高機能なグラフィックソフト『Illustrator』
  • UIとUXデザインに特化したソフト『XD (Experience Design) CC』
  • 印刷物や電子出版向けのコンテンツ作成ソフト『InDesign CC』
  • WEBサイト制作用のテキストエディタ(『DreamWeaver CC』
  • コードを書かずにWEBサイトを作るソフト『Muse CC』
  • PDF作成ソフト『Acrobat DC』
  • 汎用的な画像編集・イラスト作成ソフト『Fire Works』
  • インタラクティブなアニメ制作ソフト『Animate CC 』
  • サウンド制作『Audition CC』
  • デジタルコンテンツを管理するソフト『Bridge』
  • 64bit環境でDVD/BlueLayに書き出すソフト『Encore 』
  • 映像制作ソフト『SpeedGrage CC』
  • PhotoShop向け3Dキャラクターを簡単制作するソフト『Fuse CC』
  • ライター向け編集ソフト、InDesignとの連携『InCopy 』
  • ログ記録作成・メタデータ・映像制作ソフト『Prelude』
  • 映像の品質を上げるソフト『SpeedGrade』

 

などWEB副業で役に立つソフトが使い放題になるサービス。

 

 

Adobe Creative Cloudのメリット

 

個人的に利用した上で感じてメリットは3点

 

メリット

1:書籍やネット上に情報が豊富
2:Adobeソフトの連携力
3:コストパフォーマンスの高さ

 

簡単に解説していきます。

 

 

1:書籍やネット上に情報が豊富

 

やはりクリエイティブ関連の作業を行ってる上で「この処理ってどうやるんだ・・・」や「エラーが出て作業が進まない」など詰まることが多々あります。

そういった場合基本的にはググるのですが無料ソフトを利用していたときなかなか解決情報までたどり着かないことがザラでした・・・

 

【Google検索数比較】

↑約26万ヒット

 

↑約178万ヒット

 

実際に無料ソフトDaVinci Resolveとプレミアム プロ を比較した場合7倍の検索数に開きがあったので、困った際の情報量の多さはアドビ商品の強みと言えるでしょう。

 

 

 

2:Adobeソフトの連携力

 

また【Adobeソフト同士の互換性・連携の快適さ】も魅力の一つ。

WEB関連の仕事の場合、高単価の案件を狙うなら単一のソフトのみで仕事が完了することは少なくとも複数のソフトを活用する必要があります。

そういった場合別ソフトで作成したファイルを適応させる必要がありますが、ファイル形式などがあわずうまく取り込まれないことが多い。

 

Adobeソフトの連携力(動画作成の場合)

  1. 『PremiumPRO』動画編集ソフトを起動する
  2. 『Adobe Stock』版権フリーの画像を探す
  3. 『After Effects』動画編集にCGやアニメーションを追加
  4. 『Illustrator』自分の書いた絵を動画に追加
  5. 『Photoshop』目を引くサムネイルを作成

 

この工程を煩わしい形式変換など不要かつ別途で用意することなくAdobe Creative Cloudのみでスムーズに作業などを行えるので時短になる。

 

 

3:コストパフォーマンスの高さ

 

Creative Cloudの全ソフトを使えるプランは【月額4,980円

Adobe CC 価格表
プラン名 価格 対象となる条件
コンプリートプラン 個人版 4,980円/月額(年間プラン) 新規
コンプリートプラン+Adobe Stock 8,460円/月額(年間プラン) 新規
プレミアム プロ単体プラン 2,180円(年間プラン) 新規

※年間プランを途中解約する場合違約金があります。

 

Creative Cloudなら商業レベルのソフトが一つ当たり【4980÷20で月額249円

一見月額料金だけで見ると他のソフト会社より高く見えますが、多機能ソフトを使い倒したい人からすればむしろ割安といっていいでしょう。

一応単体プランもありますが「このソフトしか絶対使わない!!」という方以外には選ぶメリットがないのでおすすめはしません。

 

Adobe Creative Cloudを体験してみたい方はこちらから!!

 

 

まとめ

 

今回は【DaVinciResolveでスローモーション・早送りなど動画の速度を変更するやり方まとめ】のやり方の紹介でした。

 

 

 

また先程紹介したはAdobe製品は就職を目指している方には立派なアピールポイントになりますし、プロを目指している方には必須といっていいソフトなのでアドビソフトが使えるようになっていたほうがのちのち役に立つます!

もしお得に利用したいのであれば[年間プラン一括払い]を選択することで、月々プランや年間プラン月払いよりさらに割安に利用できるのでおすすめ。

 

Adobe Creative Cloudの詳細はこちらから!!

プレミアム プロ単体プランの詳細はこちらから!!

 

 

ABOUT US
げむログ
げむログの中の人です。専業でイラスト・動画編集・ウェブデザイン・執筆等を行い収入を得ているフリーランサー。主にアドビ製品を使用しております。