DaVinci Resolveのオーディオ録音際にマイクが表示されない、オーディオが録音されない、録音中に自分の声が聞こえるなどのトラブルエラーの解決法まとめ

 

 

DaVinci Resolveのオーディオ録音は非常に簡単ですが、多くの(特に初心者)は、マイクが表示されない、オーディオが録音されない、録音中に自分の声が聞こえるなどの問題に直面し、リストは続きます。

今日は、DaVinci ResolveFairlightでオーディオを録音してオーディオ録音の問題を修正する方法を説明します。

 

DaVinci ResolveFairlightでオーディオを録音する方法

ステップ1。マイクを設定します。

  • DaVinciResolveを閉じます。
  • マイクをコンピューターに接続します。
  • 解決を起動します。これで、マイクが認識されるはずです。

ステップ2。ビデオを含める必要のあるタイムラインを作成します(まだ作成していない場合)。

Resolveを起動した後、[編集]ページで、ビデオクリップを使用して新しいタイムラインを作成します(まだ作成されていない場合)。

ステップ3。新しいオーディオトラックを作成する

  • フェアライト」ページに移動します。
  • トラックヘッダーを右クリックし、「トラックの追加クリックして、「モノラル」を選択します。(対話にはモノラルが優先されます。「ステレオ」を追加することもできます)。
  • 新しいオーディオトラックが追加されます。ここで録音します。

ステップ4。マイク入力を目的のオーディオトラックにパッチします。

  • メニュー「フェアライト」->「パッチ入力/出力」をクリックします。
  • ソース」から->「オーディオ入力」を選択します。マイクが表示されます。
  • マイクをクリックします。
  • 宛先」から「トラック入力」を選択します。追加したトラックがここに表示されます。
  • 目的のオーディオトラックをクリックします。
  • パッチ」をクリックします。
  • これで、マイク入力が目的のオーディオトラックに関連付けられました。

ステップ5。必要に応じてトラックをソロにします(または他のトラックをミュートします)。

必要なトラックの下にある「S」(ソロ)をクリックします。

ステップ#6。「R」ボタンをクリックしてトラックをアームします。

R」ボタンをクリックして録音を有効にします。

「R」ボタンをクリックするとすぐに、マイクのデシベルレベルがミキサー->オーディオトラック(A1またはA2または…)の下に表示されます。

これは、接続されたマイクが機能していることを意味します!

ステップ7。録音中に音声をミュートして、自分の声が聞こえないようにします。

ステップ8。録音を開始。

録音ボタン(丸)をクリックして録音を開始します。録音する前に、オーディオトラック内の録音したい場所に再生ヘッドを設定してください。

 

 

よくある問題

 

オーディオトラックを追加できず、ミキサーの入力オプションを表示できません。

右クリックしてもオーディオトラックを追加できない場合は、最初からタイムラインがない可能性があります。

  • 「編集」ページに移動します。
  • メディアプールから任意のビデオクリップを選択します。
  • 右クリックして、「選択したクリップを使用してタイムラインを作成」します。
  • さあ、フェアライトのページに来てください。
  • これで、オーディオトラックを追加できるようになります。
  • オーディオトラックを追加すると、[ミキサー]セクション(追加したトラックの下)の下に[入力なし]オプションが表示されます。

 

 

DaVinciResolveにマイクが表示されない

 

DaVinciResolveで認識されないUSBまたは3.5mmジャックを介してマイクを接続すると、問題が発生する可能性があります。

つまり、パッチを適用している間は、「ソース->オーディオ入力」の下にマイクが表示されません。

その場合は、まずコンピュータがマイクを認識できることを確認してください。

 

Resolveに表示されないマイクを修正する2つの方法

 

 

#1. サンプルレートを48000Hz(DVD品質)に変更します

  • ボリュームアイコンを右クリックします。
  • サウンド」をクリックします。
  • 記録」タブをクリックします。
  • マイクが「デフォルト」としてマークされていることを確認します(右クリックしてデフォルトとして設定します)。
  • マイクを右クリックし、「プロパティ」をクリックします
  • 詳細」タブに移動します。
  • 必ず48000Hz(DVD品質)オプションを選択し、「適用」をクリックしてください。
  • DaVinciResolveを起動します。マイクが認識されるはずです。

上記が機能しない場合は、次の手順に従ってください。

 

 

 

#2. マイクのトラブルシューティング

  • 最初に「サウンド設定」と入力し、それをクリックして開きます。
  • 入力」で、入力デバイスとしてマイクを選択します。
  • 次に、「トラブルシューティング」をクリックします。
  • 次のウィンドウで、マイクに関する最初のオプションを選択します。
  • 問題が解決するまで「次へ」をクリックします。

 

場合によっては、マイクのドライバーが更新され、問題が解決するはずです。

 

録音中に自分の声が聞こえます

 

録音」ボタンを押す前に、ビューアの音量がミュートされていることを確認してください。そうでない場合は、録音中に自分の声が聞こえますが、これは非常に煩わしいことです。

 

 

録音されたオーディオが遅れている

 

録音後、オーディオが遅れていることがわかります。ま、当然ですよ。

したがって、録音後、ビデオと一致するようにオーディオクリップを移動して、同期の問題が発生しないようにします。

録音中は、同じトラックにイコライザーなどのエフェクトを追加しないように常に注意してください。場合によっては、これも問題を引き起こす可能性があります。

オーディオをきれいに録音してから、その上にイコライザー効果を追加することをお勧めします。

 

 

まとめ

 

今回は【DaVinci Resolveのオーディオ録音際にマイクが表示されない、オーディオが録音されない、録音中に自分の声が聞こえるなどのトラブルエラーの解決法まとめ】の紹介でした。