DaVinci ResolveでBGMや音楽をフェードイン・アウトのやり方解説まとめ(クロスフェード/キーフレームフェージングオーディオ)

 

 

音楽やオーディオの音量を突然下げると、ビデオの全体的な素晴らしさが損なわれる可能性があります。したがって、動画作りにはオーディオフェードを適切に作成する方法を知っていることが重要!

 

オーディオをフェードイン/フェードアウトする方法は?

  1. オーディオトラックの上にマウスを置き 、オーディオクリップの左上隅または右上隅にある灰色のハンドルを見つけます。
  2. ハンドルをつかんで、左または右に動かします。
  3. 希望の長さに落とします。(表示されるタイマーはフェードの長さです。)

 

今回は【DaVinci ResolveでBGMや音楽をフェードイン・アウトのやり方解説まとめ】を紹介します。

 

 

DaVinci Resolveのオーディオフェード(オーディオハンドル)設定

 

DaVinci Resolveでオーディオをフェードイン/アウトさせるには圧倒的にこの方法が早いです。これは上記の方法で詳しく説明しています。

 

オーディオハンドル」というのは、下の写真で丸く囲んだグレーのハンドルのことです。このハンドルを表示させるには、オーディオトラックの上にマウスを置いてください。

 

このハンドルを掴んで、右にドラッグしてください

 

 

ハンドルをドラッグしているときに、このタイマーが表示されることに注目してください。これは、フェードの長さを示しています。上の写真では、180ミリ秒の間続きます。

つまりこの時間内に、ゼロからフルまで進みます。

 

 

フェードの長さに満足したら、フェードをカーブさせることもできます。フェードの中央にある白い円を掴んで、カーブをかけます。

 

 

これを引くことで、オーディオのフェードインの仕方を調整できます。上の図では、オーディオはまず最初に高速で再生され、その後徐々に最大音量になります。

この方法は、最も簡単で手っ取り早いフェードインの方法です。しかし、あなたが直面している状況に応じて、より良い2つの方法を紹介したいと思います。

 

 

DaVinci Resolveのキーフレームフェージングオーディオ設定

 

このフェード方法はとても素晴らしいです。

また、非常に多彩な用途に使用できます。この方法は、オーディオクリップをフェードイン/アウトさせるために使うことができますが、例えば、オーディオクリップの途中でフェードイン/アウトさせることもできます。

オーディオキーフレームの仕組みは、リップのオーディオボリュームを決める線の形を変えるだけです。この線に馴染みがない方は、下の図で私が丸で囲んだ線です。

 

 

この線に触れていない場合デフォルトでは0dBに設定されています。

この線を掴んで、上下に引っ張ることができます。そうすることで、クリップの音量を上げ下げすることができます。そうすることで、カーソルの横に黒いボックスが表示され、音量を何dB変えたかがわかります。

さて、ここでキーフレームの仕組みを説明しましょう。つまり、線の長さ全体を動かしたり、クリップ全体の音量を変えたりする代わりに、キーフレームを設定することができます。キーフレームを設定することで、希望する場所(キーフレーム)で線を正確に曲げることができるのです。

 

 

ここでは、オーディオクリップに2つのキーフレームを適用しています。

これらを適用する最も簡単な方法は、曲げたいボリュームラインの上にマウスを持っていくことです。そして、その線をAlt+左クリックしてください。

これで1つのキーフレームができましたが、キーフレームを動作させるには必ず2つ作る必要があります。そこで、もうひとつキーフレームを作ってみましょう。

この図では、2つ目のキーフレームをフェードを終わらせたい場所に設定しています。1つ目のキーフレームは赤(選択されていることを意味します)なので、どこに配置しても構いません。

 

 

フェードを作成するには、最初のキーフレームをつかみ、図のように下に引っ張ります。

 

 

横など好きなところに引っ張ることもできます。

フェードを作成するために、私はクリップの開始点である-25.66dBに引きました。これは開始したいボリュームです。そして、2つ目のキーフレームまで再生されますが、これは変更されていません(0 dB)。クリップ全体の音量を変更したい場合は、このキーフレームでも変更できます。

キーフレームの追加方法に満足したら、次の見出しに進むことができます。これはキーフレームを追加する別の方法です。

 

 

 

キーフレームを追加する別の方法

 

もし、キーフレームを「手動」で追加したい場合、あるいはAltキーを押すだけではなく、すべてのプロセスを行いたい場合は、もちろん別の方法があります。

 

その方法は、イムラインカーソルをキーフレームを追加したい場所に置きます。下の写真のように、フェードを終了させたい場所に置いています

 

キーフレームを追加したい場所にカーソルを置き、クリップを選択したら、右側にあるインスペクタに移動します。まだ開いていなければ、インスペクタをクリックしなければならないかもしれません。

インスペクタのウィンドウを拡張したい場合は、矢印を使ってください。

 

 

インスペクタの上部には「クリップのボリューム」があり、右側には丸で囲んだキーフレームボタンがあります。キーフレームを追加するには、このボタンをクリックすると、タイムラインカーソルを置いた場所にキーフレームが追加されます。

別のキーフレームを追加するには、カーソルを片側に少し移動させる必要があります。

ここで、キーフレームを1つ選択して、「インスペクタ」タブの「ボリューム」を使うことができます。これで、選択したキーフレームの位置を変更することができます。

 

 

これは手動で行う方法ですが、お好きな方はどうぞ。この方法の良いところは、希望のdBを入力して、それを目指すのではなく、入力することができることです。この方法は、いくつかのケースでは非常に優れています。

 

 

DaVinci ResolveでBGMや音楽のクロスフェードの設定

 

 

オーディオをフェードする最後の方法は、エフェクトライブラリにあるクロスフェードを使うことです。

クロスフェードは、「エフェクトライブラリ>ツールボックス>オーディオトランジション」に移動すると見つかります。

 

このツールボックスを開くと、いくつかのオプションを選択できます。デフォルトは0dBで、これは私が使っているものです。あとは、フェードさせたいオーディオクリップの上にドラッグするだけです。

 

 

かなり拡大されているのがわかると思いますが、このように表示されます。既に顔が適用されていますね。しかし、自分の好きなように音を調整することができます。長さを増やしたい場合は、端を掴んで拡大してください。

 

また、2つのオーディオクリップの間にクロスフェードを追加して、よりスムーズな移行を行うこともできます。そのために必要なのは、クリップの最初や最後にドラッグするのではなく、2つのクリップの間にドラッグするだけ

2つのクリップの間にドラッグするだけです。下の写真のようになります。

 

 

また、より細かくコントロールしたい場合には、前述のインスペクタがあります。

 

 

ここでは、先に述べたようなことがすべてできます。この機能がどのように働くのかを知るために、少し遊んでみることをお勧めします。

 

まとめ

 

今回は【DaVinci ResolveでBGMや音楽をフェードイン・アウトのやり方解説まとめ】を紹介でした。

この記事がお役に立てば幸いです。