DaVinciResolveでレンダーキャッシュを削除/キャッシュを管理する方法

 

 

DaVinci Resolveを初めて使用する場合は、しばらくすると、かなり奇妙なことに気づいたかもしれません。いくつかのプロジェクトが完了すると、Windowsドライブに空き容量が不足していることがわかります。

これは、DaVinciが作業フォルダーを自動的に削除しないために発生しています。ハードウェアへの要求を減らすためにそれらを生成することを選択した場合にのみ、レンダリング キャッシュギャラリー静止画、さらには最適化されたメディアファイル用の作業フォルダーを取得します。

したがって、DaVinciResolveでレンダーキャッシュと最適化されたメディアファイルを削除する方法を知っておくと非常に役立つ場合があります。

 

DaVinciResolveでレンダーキャッシュを削除する方法

 

大量のストレージがある高速ドライブで、レンダリングキャッシュとギャラリー静止画のデフォルトの保存パスを変更することをお勧めします。これにより、ソフトウェアの実行がよりスムーズかつ高速になり、Windowsドライブのストレージが不足することがなくなります。

DaVinciResolveでレンダーキャッシュを削除する方法は2つあります。

 

方法1  

 

ファイルパスがすべてのキャッシュファイルの場所を示している場所に移動し、削除するファイルを選択して、それらを削除するだけです。このメソッドを使用して、すべてのプロジェクトのすべてのレンダーキャッシュを削除できます。

方法2

 

1:[再生]を選択し、左上隅から[レンダリングキャッシュの削除]を押します。ここでは、使用できる3つのオプションがあります。

2:最初のオプション「すべて…」は、このプロジェクトに関連するすべてのキャッシュファイルを削除します。

3:2番目のオプション「未使用…」は、タイムラインのフッテージに現在使用されていないキャッシュファイルのみを削除します。

4:3番目のオプション「選択したクリップ…」では、キャッシュファイルを削除するフッテージを決定できます。

 

このように、現在作業中のプロジェクトに関連付けられているキャッシュファイルのみを削除できます。他のプロジェクトのキャッシュファイルを削除する場合は、それらの中に1つずつ入力して同じことを行うか、最初の方法を使用してすべてを削除する必要があります。

 

 

 

最適化されたメディアファイルを削除する方法

 

プロジェクトが終了し、最適化されたメディアファイルが不要になったら、スクラッチドライブの空き領域を節約するためにそれらを削除できます。これを行うには、レンダリングキャッシュと同様に、スクラッチドライブでそれらを識別して削除できます。

 

または、ソフトウェアを使用して、プロジェクトに関連するすべての最適化されたメディアファイルを削除します。

[再生]を選択し、左上隅から[最適化されたメディアの削除…]を押して、[ OK ]を押します。

そしてこれがそれです!これで、レンダーキャッシュ最適化されたメディアファイルを削除して整理する方法がわかりました。

 

 

まとめ

 

今回は【DaVinciResolveでレンダーキャッシュを削除/キャッシュを管理する方法】の紹介になります。