DaVinciResolveでフッテージをデバンドする方法・設定やり方

 

 

バンディング。ああ、どうしてそんなに嫌いなのか。残念ながら、複数の色相にまたがるカラーグラデーションの画像を処理する場合、8ビットカラーしかないカメラで録画した場合、または8ビット形式にエクスポートする場合に発生する可能性があります。 。

この記事に出くわし、バンディングが何であるか、またはどのように見えるかわからない場合は、ビデオ画像に同様の色が「ポスタライズ」されているように見える場合です。

 

多くの場合、バンディングは早朝または夕方の空で行われます。

これは多くの場合、ビット深度の低いカメラを使用し、さまざまな色の変化を伴う構図を撮影または撮影した結果です。通常、これは早朝または夕方の空で行われます。

Blackmagicはビット深度を次のように説明しています。

ビット深度という用語は、画像を構成するために使用されるカラーパレットで使用できる色の数を表します。ビット深度が高いほど、画像の色の精度が高くなるため、色の再現性が高くなります。より高い精度は、微妙な変化を伴う勾配で最も明白です。ビット深度の勾配が低いとバンディングアーティファクトが目立ちますが、ビット深度が高い画像ではより多くの色を再現できるため、バンディングアーティファクトが発生する場合は少なくなります。

– 黒魔術

ほとんどの場合、空の交換を行わずにバンディングを完全に削除することはできません。ただし、バンディング無効にすることはできます。いくつかの方法を見てみましょう。

 

 

デバンドフィルターの設定方法

 

このショットは8ビットで撮影されました。そして、夕日がライトオレンジからディープブルーまでの色​​のグラデーションを作成しているので、バンディングを引き起こすのは完璧な原因です。

 

8ビットで撮影。

 

ブログの画像が圧縮されているため、バンディングが本質的に表示されない場合があるため、チュートリアルのためにコントラストを大幅に上げます。

 

劇的に増加したコントラスト。 

 

コントラストを上げると、8ビットのフッテージがいかにうまく機能しないかがわかります。オンラインでアップロードして動いているとき、それは信じられないほど目立ちます。それではResolveRevivalツールを追加しましょう。

[効果]パネル([編集]ページと[色]ページの両方)に、メディアに適用できるバンド解除効果があります。いつものように、[色]ページのノードには任意の形式の画像および色操作効果を使用することをお勧めします。

 

メディアにデバンド効果を適用します。 

 

ノードにエフェクトを追加すると、フィルターが適用されてカラーバンディングのエッジが分離され、バンディングのいずれかの側からピクセルをディザリングすることによってそれらが最小化されます。これにより、移行の斑点のある領域が柔らかくなります。

デバンド効果を最初に追加すると、画像全体が基本的なPhotoshopフィルターによって攻撃されたように見える場合があります。これは、Debandがバンディングを自動的に検出しないためです。

結果として、最初に空、またはバンディングが存在する場所を修飾子またはウィンドウで分離するのが最善です。

 

ここでは、空をすばやく(そしてやや不十分に)分離し、バンド解除ツールを追加しました。すぐに、色間の遷移がもう少し落ち着くことがわかります。これは完全な修正ではありませんが、デフォルトの状態では、はるかに優れており、目障りではありません。

 

次に、デバンドをさらに洗練するために調整できる4つのパラメーターがあります。

  • エッジしきい値:これは、プラグインの影響を受けるエッジをどの程度明確にする必要があるかを調整します。
  • 半径:ディザリングの強度を増減します。
  • ポストリファイン:ディザリングの影響を受ける領域を狭めたり広げたりします。
  • エッジの表示:影響を受けるエッジを表示します。

ただし、画像のプロパティに影響を与えるすべての設定と同様に、良い結果が得られるまでスライダーを調整する必要があることがわかりました。使用する設定は1つもありません。

さて、この効果はResolveのプレミアムバージョンにのみ適用されると述べました。それでは、無料で採用できる方法を見てみましょう。

 

 

 

エクスポートオプション

 

さて、あなたが10ビットまたは12ビットで撮影しているとしましょう。

色深度は8ビットよりはるかに大きいため、フッテージにバンディングの問題が本来あるべきではありません。したがって、バンディングが通常存在する場所でスムーズな色の変化を処理できます。

そのため、エクスポートとオンラインアップロードにまだバンディングが残っているのを見るとイライラする可能性があります。これらの問題を回避するために、より優れたテクノロジーにお金を費やしました。

主に、フッテージが10ビットまたは12ビットで撮影されたときにまだバンディングが残っている理由は、8ビット形式にエクスポートしたためです。主な原因はH.264です。

H.264コーデックは、オンラインアップロードで最も広く受け入れられているコーデックの1つであり、YouTubeでも推奨されるコーデックです。ただし、8ビットでは、カメラが保護しようとしていたグラデーションカラーが分解されます。

もちろん、修正は10ビットでエクスポートすることです。ただし、Resolve内でオンラインアップロードに使用できる10ビット[Windows]オプションは多くありません。

ただし、H.264の後継である10ビットプロファイルのH.265があります。デフォルトではアクティブではないため、エンコーディングプロファイルにドロップダウンして、Main10を選択する必要があります。これにより、エンコーディングプロファイルが10ビットに変更されます。

Main10を選択して、エンコーディングプロファイルを10ビットに変更します。 

これで、レンダリングを押すと、エクスポートはバンディングフリーになります。もちろん、この方法では、8ビットの映像で撮影した人は考慮されていません。

 

 

 

動画編集で本格的に稼ぎたいなら有料ソフトがおすすめな理由

 

最近では個人の技術を手軽にネット上で売買することが可能になっており【ココナラやクラウドワークス】などを利用して数万~数十万稼ぐ人が多い!

実際に動画制作技術十分需要のある技術で・・

 

動画編集スキルで稼げる仕事内容

  • You Tubeなどの動画投稿サイトで稼ぐ
  • 動画編集を受注して稼ぐ
  • 動画制作会社で働く

 

など様々な働き方があり実際スマートフォンでの動画の視聴時間は2015年から2019年の5年間で4倍にまで伸びているので需要は確実に高まっています。

 

 

無料の動画編集ソフトは効率が悪い

 

「なら無料の動画編集ソフトで稼ぐことは出来ないの??」

という疑問にお答えすると「稼ぐことはできるがかなり時間効率が悪い」という解答になります。

 

 

無料の編集ソフトの場合どうしても機能が少ないため売り物レベルの加工となると、有料ソフトでは数分で済む作業が数十分かかってしまうこともザラ。

実際に上記のような[曇り空を美しい夕焼けに変える加工]もAdobeのPremiumプロであればスライドバーなで調整してかなりお手軽に加工することができる。

 

収入の目安

無料の動画編集ソフト[月数百円~数千円]

有料の動画編集ソフト[月数万円~数十万円]

 

時間効率を考えると本業を並行しながら動画作成を委託して作業する場合以上収入の内容になるので、動画編集を勉強してお金を稼ぎたいと考えているなら最初から有料の動画編集ソフトを使うことをおすすめします。

 

 

実際に著者が使用しておすすめの有料動画編集ソフト

 

 

色々動画編集ソフトを試してみた結果個人的におすすめなのが【Adobe Creative Cloud

 

 

Creative CloudはAdobeが提供している「20を超えるソフトが使い放題になる月額サブスク

 

連携できるサービス抜粋

  • プロ向け画像編集ソフト『Photoshop』
  • アニメーション特化ソフト『After Effects』
  • 画像の編集に特化したソフト『Lightroom CC』
  • スマホで手軽に編集できるアプリ『Premiere Rush』
  • プロ向け音声編集ソフト『Adobe Audition』
  • 高機能なグラフィックソフト『Illustrator』
  • UIとUXデザインに特化したソフト『XD (Experience Design) CC』
  • 印刷物や電子出版向けのコンテンツ作成ソフト『InDesign CC』
  • WEBサイト制作用のテキストエディタ(『DreamWeaver CC』
  • コードを書かずにWEBサイトを作るソフト『Muse CC』
  • PDF作成ソフト『Acrobat DC』
  • 汎用的な画像編集・イラスト作成ソフト『Fire Works』
  • インタラクティブなアニメ制作ソフト『Animate CC 』
  • サウンド制作『Audition CC』
  • デジタルコンテンツを管理するソフト『Bridge』
  • 64bit環境でDVD/BlueLayに書き出すソフト『Encore 』
  • 映像制作ソフト『SpeedGrage CC』
  • PhotoShop向け3Dキャラクターを簡単制作するソフト『Fuse CC』
  • ライター向け編集ソフト、InDesignとの連携『InCopy 』
  • ログ記録作成・メタデータ・映像制作ソフト『Prelude』
  • 映像の品質を上げるソフト『SpeedGrade』

 

などWEB副業で役に立つソフトが使い放題になるサービス。

 

 

Adobe Creative Cloudのメリット

 

個人的に利用した上で感じてメリットは3点

 

メリット

1:書籍やネット上に情報が豊富
2:Adobeソフトの連携力
3:コストパフォーマンスの高さ

 

簡単に解説していきます。

 

 

1:書籍やネット上に情報が豊富

 

やはりクリエイティブ関連の作業を行ってる上で「この処理ってどうやるんだ・・・」や「エラーが出て作業が進まない」など詰まることが多々あります。

そういった場合基本的にはググるのですが無料ソフトを利用していたときなかなか解決情報までたどり着かないことがザラでした・・・

 

【Google検索数比較】

↑約26万ヒット

 

↑約178万ヒット

 

実際に無料ソフトDaVinci Resolveとプレミアム プロ を比較した場合7倍の検索数に開きがあったので、困った際の情報量の多さはアドビ商品の強みと言えるでしょう。

 

 

 

2:Adobeソフトの連携力

 

また【Adobeソフト同士の互換性・連携の快適さ】も魅力の一つ。

WEB関連の仕事の場合、高単価の案件を狙うなら単一のソフトのみで仕事が完了することは少なくとも複数のソフトを活用する必要があります。

そういった場合別ソフトで作成したファイルを適応させる必要がありますが、ファイル形式などがあわずうまく取り込まれないことが多い。

 

Adobeソフトの連携力(動画作成の場合)

  1. 『PremiumPRO』動画編集ソフトを起動する
  2. 『Adobe Stock』版権フリーの画像を探す
  3. 『After Effects』動画編集にCGやアニメーションを追加
  4. 『Illustrator』自分の書いた絵を動画に追加
  5. 『Photoshop』目を引くサムネイルを作成

 

この工程を煩わしい形式変換など不要かつ別途で用意することなくAdobe Creative Cloudのみでスムーズに作業などを行えるので時短になる。

 

 

3:コストパフォーマンスの高さ

 

Creative Cloudの全ソフトを使えるプランは【月額4,980円

Adobe CC 価格表
プラン名 価格 対象となる条件
コンプリートプラン 個人版 4,980円/月額(年間プラン) 新規
コンプリートプラン+Adobe Stock 8,460円/月額(年間プラン) 新規
プレミアム プロ単体プラン 2,180円(年間プラン) 新規

※年間プランを途中解約する場合違約金があります。

 

Creative Cloudなら商業レベルのソフトが一つ当たり【4980÷20で月額249円

一見月額料金だけで見ると他のソフト会社より高く見えますが、多機能ソフトを使い倒したい人からすればむしろ割安といっていいでしょう。

一応単体プランもありますが「このソフトしか絶対使わない!!」という方以外には選ぶメリットがないのでおすすめはしません。

 

Adobe Creative Cloudを体験してみたい方はこちらから!!

 

 

まとめ

 

記事で述べたように、目立つバンディングでフッテージを修正することは、肉の傷に絆創膏を追加するようなものです。より高いビット深度で完全に撮影しないと、問題を解決することはできません。ただし、上記の提案は少なくともバンディングを抑制します。

 

 

 

また先程紹介したはAdobe製品は就職を目指している方には立派なアピールポイントになりますし、プロを目指している方には必須といっていいソフトなのでアドビソフトが使えるようになっていたほうがのちのち役に立つます!

もしお得に利用したいのであれば[年間プラン一括払い]を選択することで、月々プランや年間プラン月払いよりさらに割安に利用できるのでおすすめ。

 

Adobe Creative Cloudの詳細はこちらから!!

プレミアム プロ単体プランの詳細はこちらから!!

 

 

ABOUT US
げむログ
げむログの中の人です。専業でイラスト・動画編集・ウェブデザイン・執筆等を行い収入を得ているフリーランサー。主にアドビ製品を使用しております。