DaVinciResolveでフッテージをデバンドする方法・設定やり方

 

 

バンディング。ああ、どうしてそんなに嫌いなのか。残念ながら、複数の色相にまたがるカラーグラデーションの画像を処理する場合、8ビットカラーしかないカメラで録画した場合、または8ビット形式にエクスポートする場合に発生する可能性があります。 。 

この記事に出くわし、バンディングが何であるか、またはどのように見えるかわからない場合は、ビデオ画像に同様の色が「ポスタライズ」されているように見える場合です。

 

多くの場合、バンディングは早朝または夕方の空で行われます。

これは多くの場合、ビット深度の低いカメラを使用し、さまざまな色の変化を伴う構図を撮影または撮影した結果です。通常、これは早朝または夕方の空で行われます。 

Blackmagicはビット深度を次のように説明しています。

ビット深度という用語は、画像を構成するために使用されるカラーパレットで使用できる色の数を表します。ビット深度が高いほど、画像の色の精度が高くなるため、色の再現性が高くなります。より高い精度は、微妙な変化を伴う勾配で最も明白です。ビット深度の勾配が低いとバンディングアーティファクトが目立ちますが、ビット深度が高い画像ではより多くの色を再現できるため、バンディングアーティファクトが発生する場合は少なくなります。 

– 黒魔術

ほとんどの場合、空の交換を行わずにバンディングを完全に削除することはできません。ただし、バンディング無効にすることはできます。いくつかの方法を見てみましょう。 

 

 

デバンドフィルターの設定方法

 

このショットは8ビットで撮影されました。そして、夕日がライトオレンジからディープブルーまでの色​​のグラデーションを作成しているので、バンディングを引き起こすのは完璧な原因です。

 

8ビットで撮影。

 

ブログの画像が圧縮されているため、バンディングが本質的に表示されない場合があるため、チュートリアルのためにコントラストを大幅に上げます。

 

劇的に増加したコントラスト。

 

コントラストを上げると、8ビットのフッテージがいかにうまく機能しないかがわかります。オンラインでアップロードして動いているとき、それは信じられないほど目立ちます。それではResolveRevivalツールを追加しましょう。

[効果]パネル([編集]ページと[色]ページの両方)に、メディアに適用できるバンド解除効果があります。いつものように、[色]ページのノードには任意の形式の画像および色操作効果を使用することをお勧めします。 

 

メディアにデバンド効果を適用します。

 

ノードにエフェクトを追加すると、フィルターが適用されてカラーバンディングのエッジが分離され、バンディングのいずれかの側からピクセルをディザリングすることによってそれらが最小化されます。これにより、移行の斑点のある領域が柔らかくなります。

デバンド効果を最初に追加すると、画像全体が基本的なPhotoshopフィルターによって攻撃されたように見える場合があります。これは、Debandがバンディングを自動的に検出しないためです。

結果として、最初に空、またはバンディングが存在する場所を修飾子またはウィンドウで分離するのが最善です。 

 

ここでは、空をすばやく(そしてやや不十分に)分離し、バンド解除ツールを追加しました。すぐに、色間の遷移がもう少し落ち着くことがわかります。これは完全な修正ではありませんが、デフォルトの状態では、はるかに優れており、目障りではありません。

 

次に、デバンドをさらに洗練するために調整できる4つのパラメーターがあります。

  • エッジしきい値:これは、プラグインの影響を受けるエッジをどの程度明確にする必要があるかを調整します。
  • 半径:ディザリングの強度を増減します。
  • ポストリファイン:ディザリングの影響を受ける領域を狭めたり広げたりします。
  • エッジの表示:影響を受けるエッジを表示します。 

ただし、画像のプロパティに影響を与えるすべての設定と同様に、良い結果が得られるまでスライダーを調整する必要があることがわかりました。使用する設定は1つもありません。

さて、この効果はResolveのプレミアムバージョンにのみ適用されると述べました。それでは、無料で採用できる方法を見てみましょう。 

 

 

 

エクスポートオプション 

 

さて、あなたが10ビットまたは12ビットで撮影しているとしましょう。

色深度は8ビットよりはるかに大きいため、フッテージにバンディングの問題が本来あるべきではありません。したがって、バンディングが通常存在する場所でスムーズな色の変化を処理できます。

そのため、エクスポートとオンラインアップロードにまだバンディングが残っているのを見るとイライラする可能性があります。これらの問題を回避するために、より優れたテクノロジーにお金を費やしました。 

主に、フッテージが10ビットまたは12ビットで撮影されたときにまだバンディングが残っている理由は、8ビット形式にエクスポートしたためです。主な原因はH.264です。

H.264コーデックは、オンラインアップロードで最も広く受け入れられているコーデックの1つであり、YouTubeでも推奨されるコーデックです。ただし、8ビットでは、カメラが保護しようとしていたグラデーションカラーが分解されます。 

もちろん、修正は10ビットでエクスポートすることです。ただし、Resolve内でオンラインアップロードに使用できる10ビット[Windows]オプションは多くありません。 

ただし、H.264の後継である10ビットプロファイルのH.265があります。デフォルトではアクティブではないため、エンコーディングプロファイルにドロップダウンして、Main10を選択する必要があります。これにより、エンコーディングプロファイルが10ビットに変更されます。 

Main10を選択して、エンコーディングプロファイルを10ビットに変更します。

これで、レンダリングを押すと、エクスポートはバンディングフリーになります。もちろん、この方法では、8ビットの映像で撮影した人は考慮されていません。 

 

まとめ

 

記事で述べたように、目立つバンディングでフッテージを修正することは、肉の傷に絆創膏を追加するようなものです。より高いビット深度で完全に撮影しないと、問題を解決することはできません。ただし、上記の提案は少なくともバンディングを抑制します。