DaVinci Resolveでカラーグレーディングを別のクリップにコピー/ノードツリーの正しい組み方/プリセットの設定方法まとめ

 

 

Davinci Resolveでカラーグレーディングを別のクリップにコピーしたり、複数のクリップにコピーしたりすることは、時間を節約するための素晴らしい方法です。1つのクリップを思い通りにカラーグレーディングしてから、新しいクリップですべてをやり直すのではなく、Davinci Resolveでコピーすればいいのです。

数回のクリックで、すべてのクリップにコピーすることができます。

 

それでは早速、その方法をご紹介しましょう。

  1. DaVinci の [カラー] タブにいます
  2. カラー グレーディングを適用するすべてのクリップを選択します (ヒント: 複数のクリップを選択するには、Ctrl キーまたは Command キーを押します)。
  3. カラー グレーディングしたクリップの上にマウスを置き、マウスの中ボタンをクリックします。 (可能であれば、右クリックして「グレードを適用」することもできます)

 

これは非常に効果的で簡単なカラーグレーディングのコピー方法ですが、状況に応じてもっと効果的な方法がたくさんあります。

外付けマウスのないノートパソコンを使っている場合や、カラーグレーディングを適用する前にどのように見えるのかを知りたい場合などです。もっと詳しく知りたい方はこのままお読みください。

 

 

適用前のカラー グレードの表示 + コピー方法

 

この機能は、カラーグレードが他のクリップに合うかどうかわからない場合にとても便利です。また、いくつかの異なるカラープリセットを手に入れて、どれを使えばいいのか知りたい場合にも便利です。

 

この記事では、上の写真を参考にしています。

 

まず、「静止画の取り込み」を行います。そのためには、ビューワでコピーしたいクリップを右クリックします。写真のように。

 

 

写真のように「ギャラリー」の下に表示されています。サムネイルが表示されない場合は、リストの種類を変更する必要があります。その場合は、私が丸で囲んだ6つの点を選択してください。

 

 

これで、好きなクリップのカラーグレードを見ることができます。

タイムラインでクリップを選択し、ギャラリーに追加されたクリップの上にマウスを置いてください。すると、選択したクリップがそのカラーグレードでどのように見えるかを確認することができます。

 

 

そして、それを適用したい場合は、右クリックして「グレードを適用」するだけです。外付けマウスをお持ちの方は、ここでもマウスの中ボタンが使えます。

 

 

ここで明確にしておきたいのは、これまで説明してきた方法でカラーグレーディングをコピーオーバーすると、すべてのノードもコピーオーバーされるということです。

新しいノードを作成していない場合は、これは問題になりません。また、カラーグレーディング全体をペーストしたい場合は、この方法がお勧めです。

しかし、1つのノードに加えられた調整だけをコピーしたい人のために、この記事にはそれも含まれています。しかしその前に、カラーグレーディング全体をコピーする、よりクールで効果的な方法を紹介したいと思います

 

ショートカット使用方法

 

作成した「静止画」を上の黒いボックスにドラッグしてみましょう。ボックスには文字が書かれています。一番いいのは、間違いなくA、B、Cです。

なぜかというと、これらのボックスはそれぞれショートカットを表しているからです。つまり、ボックスAのショートカットは「CTRL+1」、ボックスBは「CTRL+2」となります。(MacではCTRL=Command)

ギャラリーからのコピーをこれらのボックスにドラッグした後、新しいクリップにペーストするのはとても簡単です。その後、タイムライン上でクリップを1つまたは複数選択し、CTRL+1を押すだけで、それらのクリップにもカラーグレーディングが施されるのです。

 

 

カラーグレーディングをプリセットとして保存(後で使用するため)

 

クリップのカラーグレーディングを行い、非常に満足のいく結果が得られたとき。後で使うために、あるいは別のプロジェクトのために保存しておきませんか?

 

 

そのためには、カラーグレーディングをギャラリーから「PowerGrade 1」と呼ばれるフォルダにドラッグします。これで完成です。新しいプロジェクトを作成して「PowerGrade 1」を開くと、そこにプリセットが表示されています。

このプリセットを新しいタイムラインに適用するには、前述の方法と同じ方法で行います。タイムラインから1つまたは複数のクリップを選択して、それをテストするか、それを適用します。

 

 

もしこのフォルダが見つからない場合は、「ギャラリー」の下にあるこのボタンをクリック

 

 

このフォルダのもう一つの素晴らしい点は、物事をよりよく整理できることです。

例えば、特定のカメラや特定の場所で撮影するためにカラーグレードを作成したとします。そのため、特定のカメラや特定の場所のためにカラーコレクションを作成した場合、そのカラーコレクションを別のカテゴリーに分類するための独自のフォルダを作成することができるのです。

フォルダを右クリックして、「PowerGradeアルバムを追加」するだけです。名前を変更するには、名前をダブルクリックするだけです。

 

タイムライン全体をカラーグレーディングする方法

 

時には、タイムライン全体に何かを適用したい場合があります。

今カラーグレーディングしているプロジェクトを撮影している間、カメラの設定を間違っていたかもしれません。あるいは、タイムライン上のすべてのクリップを同じ明るさで撮影したのかもしれません。

いずれにしても、この方法は知っておいた方がいいでしょう。そこで、選択したクリップだけをカラーグレーディングするのではなく、タイムラインをカラーグレーディングするように変更してみましょう。

 

やり方は次のとおりです。

 

クリップ」から「タイムライン」に変更

 

 

次に、新しいノードを追加する必要があるので、ALT+Sを押してください。

 

 

これで、以下のように表示されます。

色を変更するときは、タイムラインのすべてのクリップに適用されます。

 

カラーグレードをコピーするための便利なテクニック

 

カラーグレードのコピーには様々な方法があります。しかし、場合によっては他の方法の方が適していることもあります。特に、最も効果的な方法で行いたい場合は、その限りではありません。

 

カラーグレーディングを1つのクリップにコピーするだけなら、コピーペーストという方法があります。コピーしたいクリップを選択し、CTRL+CまたはCommand+Cを押すだけです。その後、貼り付けたいクリップを選択して、CTRL+VまたはCommand+Vを押します。

この方法が最も簡単な場合もあります。

 

複数のクリップを選択する場合、特にクリップを挟んでいる場合は、CtrlキーやCommandキーを押しながら操作するのが良い方法です。しかし、複数のクリップを連続して選択する場合は、必要以上に時間がかかります。

 

 

の場合は、最初のクリップを選択し、シフトを押しながら最後のクリップを選択します。そうすると、間にあるすべてのクリップが選択されます!

 

もうひとつの素晴らしい方法は、「=」を押して別のクリップにコピーすることです。この方法では、前のクリップまたは左側のクリップからカラーグレーディングをコピーします。

この機能を利用するには、もちろんクリップにカラーグレーディングが施されている必要があります。カラーグレーディングされたクリップの隣にカラーグレーディングされていないクリップを置いてこれを行うと、カラーグレーディングが失われてしまいます。これはどの方法でも同じです。これについては、次の「カラーグレーディングを除去する方法」で詳しく説明します。

 

カラーグレーディングを削除する方法

 

カラーグレーディングを除去したい場合、いくつかの方法があります。

ここでは、状況に応じて最適な方法をいくつか紹介します。

 

 

ノードを右クリックして「ノードのグレードをリセット」すれば、通常の状態に戻ります。複数のノードがある場合も、選択しているノードだけをリセットすることができます。しかし、選択しているノードが他のノードより前にある場合は、他のノードにも影響を与えることを覚えておいてください。

すべてのノードをまとめてリセットしたい場合は、上記のようにすべてのノードをクリックします。または、背景(ノードウィンドウ)を右クリックして、「すべてのグレードとノードをリセット」をクリックします。ショートカットは「CTRL+Home」です。しかし、これはウィンドウ全体をリセットするので、余分なノードもすべて削除されてしまいます。

しかし、私の意見では、上記の方法でCTRL+数字のショートカットでデフォルトを作成するのが一番良い方法だと思います。(最初に「カラーグレーディングをプリセットとして保存」という見出しが出てきます)その後、すべてのデフォルトノードを使って通常の状態に戻したいときは、ショートカットを押すだけですぐに完了します。

 

ノード間でカラー グレーディングをコピーする方法 (クリップ全体ではない)

 

ここでは、上述の通り、ノード間でカラーグレーディングをコピーする方法を紹介します。

 

 

最もシンプルな方法ですが、ほとんどの場合はうまくいきます。コピー&ペースト以上でも以下でもありません。右クリックしても表示されないので、ショートカットを使う必要があります。

目的のノード(カラーグレード付き)を選択してから CTRL+C を押し、ペーストしたいノードを選択してから CTRL+V を押します。

 

 

また、コピーしたいノードのあるクリップを右クリックして、上の図のように「ノードグラフを表示」することもできます。

 

 

ノードグラフからノードをドラッグして、カラーグレーディングしたいノードにドロップします。

 

まとめ

 

今回は【DaVinci Resolveでカラーグレーディングを別のクリップにコピー/ノードツリーの正しい組み方/プリセットの設定方法まとめ】を紹介します。