DaVinci Resolveで編集した動画を書き出す方法。 動画ファイルへエクスポート手順まとめ

 

 

DaVinci Resolveでエクスポートする方法を学ぶ場合、知っておくべき簡単な手順がいくつかあります。ポスト プロダクション ソフトウェアとして DaVinci Resolve を使いこなそうとしている場合でも役立ちます。

このチュートリアルでは、プロジェクトをDaVinci Resolveのタイムラインから、共有、公開、またはクライアントに送信できるビデオに変換するために必要な設定を特定する方法を学びます。

やり方さえわかれば本当に簡単です。

 

今回は【DaVinci Resolveで編集した動画を書き出す方法/動画ファイルへエクスポート手順まとめ】の紹介になります。

 

 

DaVinci Resolveで動画を書き出す方法まとめ

 

方法 1 – プロジェクト ファイルのエクスポート

 

1:「プロジェクトのエクスポート」ボタンを見つけます。

2:画面の左上隅にある [ファイル] をクリック

3:[プロジェクトのエクスポート] を選択すると、このファイルを見つけることができます。このために、キーボードの「Ctrl-E」をクリックすることもできます。

 

ファイルエクスプローラーの保存画面が表示されます。

この画面で、標準のDaVinci Resolve拡張子である.drp拡張子でプロジェクトを保存できます。これを使用して、プロジェクトの元のファイルを保存し、後で何かを参照することができます。

 

 

方法 2 – クイック ビデオ エクスポート

 

DaVinci Resolveを使用すると、ビデオを「クイックエクスポート」することもできます。

 

1:アプリの左上隅にある [編集] をクリック

2:[クイック エクスポート] をクリックすると、このファイルを見つけることができます。

DaVinci Resolve には、YouTube または Vimeo アカウントを接続してプロジェクト画面から直接ビデオを投稿できる素晴らしい機能があり、一般的な vlogger にとって非常に便利です。

 

YouTube や Vimeo にエクスポートしたくない場合は、どこでも使用できる .mp4 ファイルをエクスポートする従来の H.264 形式を選択できます。

エクスポートする前に、プログラムは、ビデオの長さからサイズ、オーディオ チャネルまで、知っておく必要があるすべての統計情報を教えてくれます。

 

 

方法 3 – ビデオ ファイルへのエクスポート

 

 

1.「配信」タブを開く

 

画面下部の「配信」タブから選択できます。

 

 

2.フォーマットを選択

 

レンダリング設定には多くのオプションが表示されます。

 

 

ビデオのカスタム サイズ、または YouTube、Vimeo、MP4、または Prores 形式でエクスポートできます。選択した形式がビデオの形式と一致していることを確認してください。

MP4 は、現在最も普及している Web 標準形式です。

 

 

3. プロジェクトに名前を付ける

 

次のステップでは、プロジェクトに名前を付け、保存する場所を選択する必要があります。

 

 

同じタブから、単一のクリップをエクスポートするか複数のクリップをエクスポートするかを選択でき、オーディオをエクスポートするかどうかも選択できます。

4. レンダーキューに追加

 

あとは、フォーマット、解像度、フレーム レートを選択

 

 

ビデオを「レンダリング キュー」に追加するだけです。レンダリング用の一時ファイルを保存するフォルダーを選択する必要があります。

 

5. レンダリング

 

完了したら、画面の右側にある [レンダリング] をクリックします。

 

 

使用する方法は、プロジェクトの目的によって異なります。プロジェクトを他の人に送信したり、何かが起こった場合に備えてバックアップを取りたい場合は、最初の方法を選択して、.drp ファイルを外付けハード ドライブまたはクラウドに安全に保存します。

 


ソーシャル メディアに投稿する場合は、「クイック エクスポート」機能を選択して、数秒でビデオを準備するか、エクスポートを完全にカスタマイズします。

 

 

DaVinci Resolveのエクスポートの豆知識

 

コツをつかめば、今日学んだこと以上のことは何もないことに気付くでしょう。いくつかの不測の事態はありますが、事前に管理方法を学習しておくとよいでしょう。

品質を少し落としても構わない場合は、ビデオのビットレート (エクスポート設定の[品質]見出しの下にある[ Kb/s]設定) または解像度を下げて、エクスポート時間が短縮されるかどうかを確認することもできます。

長いエクスポート時間に加えて、DaVinci Resolve プロジェクトをエクスポートする際に役立つヒントがいくつかあります。

 

プロジェクトをエクスポート

 

場合によっては、DaVinci Resolve プロジェクトをビデオではなくプロジェクトとしてエクスポートする必要がある場合があります。これにより、別のコンピューターで引き続き作業したり、共同編集者に渡すことができます。これを行うには、プロジェクトを .drp ファイルとしてエクスポートする必要があります。

  1. 目的のプロジェクトを開きます。
  2. [ファイル] > [プロジェクトのエクスポート] をクリックします。
  3. ファイルを保存する場所を選択します。.drp ファイルとして自動的に保存されます。

 

 

2. プリセットのエクスポート

 

DaVinci が提供する、ワークフローで役立つと思われるエクスポート プリセットのいくつかを見てみましょう。

  1. YouTubeのプリセットは720、1080、または4K解像度で利用可能です。YouTube アップロードと互換性のあるファイルがすぐに必要な場合は、このオプションを選択します。
  2. Vimeoのプリセットは720、1080または4Kでもご覧になれます。その設定は YouTube テンプレートに似ています。
  3. ProResは、最終的なファイルが最小限に圧縮される形式です。多くの編集者は、最終作業の高品質のコピーを保持するために Prores にエクスポートするか、大きなファイルには大量のデータが保持されるため、たとえばビデオの編集が終了したときにカラーリストに渡す中間ファイルとしてエクスポートします。
  4. H264は、ほとんどのオンライン ビデオの標準的なビデオ圧縮であり、H265はその後継です。
  5. Premiere Pro、 Avid、Final Cut Pro のプリセットを使用すると、それぞれのソフトウェアと互換性のある新しいタイムラインにプロジェクトをエクスポートできます。

 

 

3. 独自のプリセットを作成する

 

DaVinci では、エクスポート設定を独自のプリセットとして保存して、将来のワークフローをスピードアップすることもできます。

  1. 必要なカスタム エクスポート設定を設定します。
  2. レンダリング設定スペースの右上隅にある 3 つの小さなドットのアイコンをクリックします
  3. [新しいプリセットとして保存] を選択します
  4. 新しいプリセットは、他の既成のプリセットとともにツールバーに表示されます。

 

 

4. 字幕付きでエクスポートする

 

 

  1. 字幕がある場合は、[ビデオ] タブに移動し、[字幕設定]までスクロールします。
  2. [字幕をエクスポート]ボックスをオンにします。
  3. あなたは、ビデオのようにエクスポートたいかどうかをドロップダウンメニューから選択して別ファイル(例えばSRTファイルとして)、またはするビデオに焼きます

 

 

5. プロジェクトのセクションをエクスポートする

 

DaVinci Resolveはデフォルトでタイムライン全体をエクスポートしますが、タイムラインの一部のみをエクスポートすることもできます.

  1. プロジェクトをレンダリング キューに追加する前に、タイムラインの再生ヘッドをクリックしてドラッグします。エクスポートしたクリップを開始する場所。
  2. 押して、I キー(クリップが開始する場所)ポイントであなたを設定するには。
  3. エクスポートを終了する場所に再生ヘッドを配置し、o キーをクリックしてアウト ポイントを設定します。
  4. 通常どおり、プロジェクトをレンダー キューに追加します。

 

 

別のコンピューターに Resolve プロジェクトをインポートする場合

 

.drp を適切にインポートするには 2 つの方法があり、機能的には同じです。

 

1:プロジェクト マネージャーから開始する場合は、[新しいプロジェクト] アイコンを右クリックし、[インポート] を選択します

 

2:.drp を保存した場所に移動して選択し、[開く] をクリックします。

 

3:プロジェクト アイコンがプロジェクト マネージャに表示され、作業を続けることができます。

 

または、無題の新しいプロジェクトを開始します。次に、プログラム内の任意の場所からツールバーに移動し、[ファイル] > [プロジェクトのインポート]を選択します。

 

インポートが完了したことを示すダイアログ ボックスが表示されます。

[OK] をクリックします。プロジェクトがワークスペースに自動的に取り込まれることはありませんが、ワークスペースはそこにあります。

 

 

画面の右下隅にある家のアイコンをクリックすると、プロジェクト マネージャーからアクセスできます。

 

まとめ

 

今回は【DaVinci Resolveで編集した動画を書き出す方法/動画ファイルへエクスポート手順まとめ】の紹介でした。