プレミアプロ 動画でクリップをカット/トリミングする最も簡単な3つの方法まとめ【Adobe Premiere Pro】

 

明らかに、カットは編集の最も重要な部分の1つです。これは編集ソフトウェアの主な機能です。クリップを切り取り、特定の順序で配置してストーリーを作成します。そして、すべてが整理された後、さらに削減し、追加のビデオおよびオーディオトラックをくまなく調べなければならない場合があります。その時点で、切断に取り組むための最良の方法は何ですか?

ありがたいことに、Premiere Proには、クリップを操作および切り取る3つの異なる方法、つまりタイムラインが用意されています。

  • かみそりツール
  • 「Command / Ctrl + K」ショートカット/再生ヘッド分割
  • リップルとトリムカット

スリップアンドスライド方式など、他にもいくつかのカット方法がありますが、この記事では、基本的な編集ツールのいくつかを見ていきます。さまざまなカット方法をすべて知っている場合でも、特定の編集に最適なツールを知っておくとよいでしょう。

 

かみそりツールの使用方法

昔のかみそりツール。これは最も直接的な切削工具であるため、最初のプロジェクトを編集するときに最初に使用することを学びます。初心者にとって、これはとても簡単なので、コツをつかむのに本当に簡単なツールです。モンタージュジャンプカットを作成するときにも非常に便利です。ラインを切り取って、不要なクリップのセクションを削除できるからです。

かみそりツールは、複数のトラックがある大きなタイムラインで作業する場合にも非常に役立ちます。かみそりをその上に置くことで、カットするクリップを簡単に選択できるからです。したがって、基本的に、連続して大量のカットを行う必要がある場合は、Razorがその作業のツールです。

ただし、かみそりツールには制限があります。再生ヘッドに磁化させたい場合は、磁化オプションを選択する必要があります。カーソルからかみそりツールへの切り替えは面倒になる可能性があります(Cキーを押すだけです)。

また、間隔を空けたタイムラインで使用するのは難しい場合があり、トリミングするつもりのない数フレームをカットする場合があります。私は主に⌘+ Kメソッドを使用しているため(次に説明します)、編集ワークフローの一部ではありませんが、すべてが適切な場所にあります。

 

再生ヘッドでクリップを分割する方法(⌘+ K)

あなたが私のようなキーボードショートカット中毒者である場合、⌘+ K(またはPCで編集している場合はCtrl + K)、これはすでに選択したカットテクニックかもしれません。再生ヘッド分割の仕組みは、タイムラインをクリックしたときに⌘+ Kと入力する と、コマンドが選択したクリップを再生ヘッドマーカーで直接分割することです。簡単ですよね?

通常、フッテージをスクラブするときに再生ヘッドがカットしたい場所の上にあるため、これは最も簡単で効果的なカットの1つです。⌘+ Kと一緒にShiftキー押したままにすると 、選択したトラックだけでなく、再生ヘッドのすべてのトラックがカットされます。これは、タイムラインに大量のトラックがあり、その場で包括的なカットが必要な場合に最適です。

 

⌘+ Kのショートカット】

使用に非常に簡単で、あなたの再生ヘッドがご希望のカット位置にすでにあるが、カットの巨大なバッチを作るとき、それはカミソリツールの速度に比べて少し短いを起動した場合、それはカットを作るための素晴らしいことです。

RazorToolの方法の違いは、 編集者間の古くからの議論であり、編集者ごとに異なる意見が得られます。それはほとんどニューヨークピザ対シカゴディープディッシュのようです—それは本当に好みに帰着します。

 

リップル/トリムツールの使用

かみそりツールのユーザーであろうと⌘+ Kファンであろう と、リップルツールとトリムツールがクリップの端をトリミングまたは拡張するのに非常に役立つことは言うまでもありません。クリップの端をトリミングまたは拡大する場合は、クリップの端にカーソルを合わせて、赤いブロック矢印が表示されたらドラッグします。複数のトラックを特定のポイントにカットしようとしている場合は、タイムラインで複数のクリップを選択して調整することもできます。

クリップを切り取って「リップル削除」したい場合は、切り取ったクリップの横のクリップが編集ポイントにスナップする場所です。クリップの最後に移動し、押したままトリミングすると、これにアクセスできます。

リップル/トリムツールは、タイムラインのチャンクを切り取って、単一のクリップを編集せずに特定の長さに合わせる必要があるファイナルパス編集に優れています。

 

 

 

動画編集で本格的に稼ぎたいなら有料ソフトがおすすめな理由

 

最近では個人の技術を手軽にネット上で売買することが可能になっており【ココナラやクラウドワークス】などを利用して数万~数十万稼ぐ人が多い!

実際に動画制作技術十分需要のある技術で・・

 

動画編集スキルで稼げる仕事内容

  • You Tubeなどの動画投稿サイトで稼ぐ
  • 動画編集を受注して稼ぐ
  • 動画制作会社で働く

 

など様々な働き方があり実際スマートフォンでの動画の視聴時間は2015年から2019年の5年間で4倍にまで伸びているので需要は確実に高まっています。

 

 

無料の動画編集ソフトは効率が悪い

 

「なら無料の動画編集ソフトで稼ぐことは出来ないの??」

という疑問にお答えすると「稼ぐことはできるがかなり時間効率が悪い」という解答になります。

 

 

無料の編集ソフトの場合どうしても機能が少ないため売り物レベルの加工となると、有料ソフトでは数分で済む作業が数十分かかってしまうこともザラ。

実際に上記のような[曇り空を美しい夕焼けに変える加工]もAdobeのPremiumプロであればスライドバーなで調整してかなりお手軽に加工することができる。

 

収入の目安

無料の動画編集ソフト[月数百円~数千円]

有料の動画編集ソフト[月数万円~数十万円]

 

時間効率を考えると本業を並行しながら動画作成を委託して作業する場合以上収入の内容になるので、動画編集を勉強してお金を稼ぎたいと考えているなら最初から有料の動画編集ソフトを使うことをおすすめします。

 

 

実際に著者が使用しておすすめの有料動画編集ソフト

 

 

色々動画編集ソフトを試してみた結果個人的におすすめなのが【Adobe Creative Cloud

 

 

Creative CloudはAdobeが提供している「20を超えるソフトが使い放題になる月額サブスク

 

連携できるサービス抜粋

  • プロ向け画像編集ソフト『Photoshop』
  • アニメーション特化ソフト『After Effects』
  • 画像の編集に特化したソフト『Lightroom CC』
  • スマホで手軽に編集できるアプリ『Premiere Rush』
  • プロ向け音声編集ソフト『Adobe Audition』
  • 高機能なグラフィックソフト『Illustrator』
  • UIとUXデザインに特化したソフト『XD (Experience Design) CC』
  • 印刷物や電子出版向けのコンテンツ作成ソフト『InDesign CC』
  • WEBサイト制作用のテキストエディタ(『DreamWeaver CC』
  • コードを書かずにWEBサイトを作るソフト『Muse CC』
  • PDF作成ソフト『Acrobat DC』
  • 汎用的な画像編集・イラスト作成ソフト『Fire Works』
  • インタラクティブなアニメ制作ソフト『Animate CC 』
  • サウンド制作『Audition CC』
  • デジタルコンテンツを管理するソフト『Bridge』
  • 64bit環境でDVD/BlueLayに書き出すソフト『Encore 』
  • 映像制作ソフト『SpeedGrage CC』
  • PhotoShop向け3Dキャラクターを簡単制作するソフト『Fuse CC』
  • ライター向け編集ソフト、InDesignとの連携『InCopy 』
  • ログ記録作成・メタデータ・映像制作ソフト『Prelude』
  • 映像の品質を上げるソフト『SpeedGrade』

 

などWEB副業で役に立つソフトが使い放題になるサービス。

 

 

Adobe Creative Cloudのメリット

 

個人的に利用した上で感じてメリットは3点

 

メリット

1:書籍やネット上に情報が豊富
2:Adobeソフトの連携力
3:コストパフォーマンスの高さ

 

簡単に解説していきます。

 

 

1:書籍やネット上に情報が豊富

 

やはりクリエイティブ関連の作業を行ってる上で「この処理ってどうやるんだ・・・」や「エラーが出て作業が進まない」など詰まることが多々あります。

そういった場合基本的にはググるのですが無料ソフトを利用していたときなかなか解決情報までたどり着かないことがザラでした・・・

 

【Google検索数比較】

↑約26万ヒット

 

↑約178万ヒット

 

実際に無料ソフトDaVinci Resolveとプレミアム プロ を比較した場合7倍の検索数に開きがあったので、困った際の情報量の多さはアドビ商品の強みと言えるでしょう。

 

 

 

2:Adobeソフトの連携力

 

また【Adobeソフト同士の互換性・連携の快適さ】も魅力の一つ。

WEB関連の仕事の場合、高単価の案件を狙うなら単一のソフトのみで仕事が完了することは少なくとも複数のソフトを活用する必要があります。

そういった場合別ソフトで作成したファイルを適応させる必要がありますが、ファイル形式などがあわずうまく取り込まれないことが多い。

 

Adobeソフトの連携力(動画作成の場合)

  1. 『PremiumPRO』動画編集ソフトを起動する
  2. 『Adobe Stock』版権フリーの画像を探す
  3. 『After Effects』動画編集にCGやアニメーションを追加
  4. 『Illustrator』自分の書いた絵を動画に追加
  5. 『Photoshop』目を引くサムネイルを作成

 

この工程を煩わしい形式変換など不要かつ別途で用意することなくAdobe Creative Cloudのみでスムーズに作業などを行えるので時短になる。

 

 

3:コストパフォーマンスの高さ

 

Creative Cloudの全ソフトを使えるプランは【月額4,980円

Adobe CC 価格表
プラン名 価格 対象となる条件
コンプリートプラン 個人版 4,980円/月額(年間プラン) 新規
コンプリートプラン+Adobe Stock 8,460円/月額(年間プラン) 新規
プレミアム プロ単体プラン 2,180円(年間プラン) 新規

※年間プランを途中解約する場合違約金があります。

 

Creative Cloudなら商業レベルのソフトが一つ当たり【4980÷20で月額249円

一見月額料金だけで見ると他のソフト会社より高く見えますが、多機能ソフトを使い倒したい人からすればむしろ割安といっていいでしょう。

一応単体プランもありますが「このソフトしか絶対使わない!!」という方以外には選ぶメリットがないのでおすすめはしません。

 

Adobe Creative Cloudを体験してみたい方はこちらから!!

 

 

まとめ

 

どちらでもあなたがより短い時間でより多くをすることができます。

これらの各ツールをマスターすると、いつ使用する必要があるかがわかります。また、ワークフローに最適なものを見つけることもできます。マウスワーカーである人もいれば、キーボードで作業の大部分を行うのが好きな人もいます。

お好みの方法で編集していきましょう。

 

 

 

また先程紹介したはAdobe製品は就職を目指している方には立派なアピールポイントになりますし、プロを目指している方には必須といっていいソフトなのでアドビソフトが使えるようになっていたほうがのちのち役に立つます!

もしお得に利用したいのであれば[年間プラン一括払い]を選択することで、月々プランや年間プラン月払いよりさらに割安に利用できるのでおすすめ。

 

Adobe Creative Cloudの詳細はこちらから!!

プレミアム プロ単体プランの詳細はこちらから!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です