アドビ プレミアプロからYouTube用のビデオをエクスポート/書き出しする方法【Adobe PremierePro】

 

編集が終わったばかりで、最新の映画をみんなに見せることが待ちきれませんが、ポストプロダクションパズルの最後のピースがあります。その部分は、Adobe PremiereProからビデオをエクスポートする方法です。

Adobe Premiere Proからビデオをエクスポートする方法を理解することは、どの映画製作者にとっても重要なスキルセットです。Adobe Premiere Proからビデオをエクスポートする場合、何千もの可能な組み合わせがあり、どこから始めればよいか、完成品をエクスポートするために必要な設定を理解することが重要です。

このチュートリアルでは、Adobe PremiereProからYouTube用のビデオをエクスポートするための最適な設定を示します。

 

 

PremiereProのYouTube用のビデオをエクスポート/書き出し方法

 

Premiere Proのエクスポート設定に関しては、さまざまなオプションがあり、そもそもすべてが少し圧倒されるように思えます。

それで、それをいくつかの非常に簡単なステップに分解しましょう。

 

[エクスポート]ダイアログボックス

 

  • タイムライン内の任意の場所をクリックします。
  • トップメニューから[ファイル> [メディアのエクスポート]を選択します。

 

エクスポートの準備

 

  • フォーマットメニューをクリックします。
  • H.264を選択します。これは、ソーシャルメディア全体で使用される最も一般的な圧縮形式です。mp4ファイルを作成します。

 

 

  • プリセットメニューをクリックします。
  • YouTubeプリセットを探し、ビデオの解像度に最も一致するものを選択します。

 

ビデオ解像度を見つける

 

ビデオの解像度がわからない場合は、[概要]ボックス[ソースビデオ]の下に、使用したビデオの解像度が表示されます。例:1920 x1080ピクセル。

  • 2番目の番号に一致するプリセット選択します。例:1080pフルHD

 

 

ファイルの宛先を設定する

  • 出力名をクリックします。(青で強調表示)

 

  • 保存したい場所のフォルダ選択してください

 

 

  • [最大レンダリング品質]チェックボックスをオンにします。

 

注:最大レンダリング品質を使用すると、エクスポート時間が長くなります。

 

ビデオの検索、使用、共有

  • ハードドライブのファイルシステムを開きます。
  • ビデオを保存したファイルを見つけます
  • それをダブルクリックすると、すぐに表示されます。

 

これで、このファイルをFacebook、Twitter、YouTubeなどのソーシャルメディアサイトにアップロードできます。またはあなたのウェブサイトにそれを埋め込んでください!

 

まとめ

 

今回は【アドビ プレミアプロからYouTube用のビデオをエクスポート/書き出しする方法【Adobe PremierePro】】の紹介でした。