トランジションのためにアドビ プレミアプロ動画の一部をズームイン・アウト(拡大縮小)する方法【Adobe PremierePro】

 

 

ズームを使用すると、静的な被写体が生き生きと動き、スムーズな移行に役立ちます。ズームを使用して、ビデオに「ケンバーンズ」フレーバーを少し入れます。

ズーム効果は、Premiere内で最も使用されている効果の1つと言えます。私は常にズームを使用して、クリップにトリミングするか、静止しているクリップに少しモーションを追加しています。

今日は、Premiereでズーム効果を作成するためのガイド付きツアーを少し行います。次に、そのズームをトランジションに組み込む方法を説明します。始めましょう!

 

Premiere Proでのズームインとズームアウトの設定不法

 

モニター上で約4インチx8インチ(ノートブックの場合は小さい)のタイムラインで90分のビデオを作成する場合、タイムラインコンポーネントのームインとズームアウト、移動、および配置(および再配置)を簡単に行う必要があります。 。

Premiere Proのほとんどのパネルと同様に、キーボードのアクセントキー( `)(1キーの左側でTabキーの真上)を押すと、アプリケーション内でタイムラインを最大化できます。

 

ステップ1:クリップをタイムラインに追加する

 

Premiere Proでズーム効果を作成するために、ズームと位置のパラメーターにキーフレームを使用します。まず、PremiereProのタイムラインに画像または映像を追加することから始めましょう。

 

ステップ2:スケールと位置にキーフレームを追加する

 

次に、クリップを選択した状態で、クリップの最初のフレームに移動します。

これは、最初のキーフレームが配置される場所になります。エフェクトコントロールウィンドウで、SCALE  パラメーターとPOSITIONパラメーターの横にあるストップウォッチアイコンをクリックします。クリップのスケールと位置に最初のキーフレームを追加しました。

 

 

ステップ3:ズームの作成と研磨

 

パラメータのストップウォッチをクリックして有効にした後、パラメータが調整されると、Premiereは自動的にキーフレームを追加します。したがって、ここで行う必要があるのは、クリップの最後のフレームに移動して、スケールと位置のパラメーターを調整することだけです。

パラメータを調整するとすぐに、現在の時刻に新しいキーフレームが自動的に追加されます。

Premiereはモーションを自動的に解釈して、2つのキーフレーム間のズームを行うため、最終ショットを配置する位置を作成してください。

 

 

少しだけ拡大し、位置を調整して画像の主要な被写体にズームインします。

 

 

ズームの終了をスムーズにしたい場合はいつでもイーズイン または イーズアウトツールを追加して 、クリップの終了をもう少しスライドさせることができます。

 

 

これを行うには、右端のキーフレームをクリックして選択するかラクラク または イーズアウト、 あなたがまたはクリップの出入りしている場合に依存。

 

ステップ4:ズームをプリセットとして保存する

 

このズーム効果をプリセットとして保存して、後で他のクリップですぐに使用できます。

エフェクトコントロール」ウィンドウで、「モーション」を選択した状態で、右上のパネルメニューをクリックします。「プリセットを保存」をクリックします。

プリセットのタイプとして「スケール」を選択していることを確認してください。これにより、クリップの全期間にわたってアニメーションがロービングされます。「ケンバーンズエフェクト」や「100〜120%スケールアップ」など、プリセットに相対的な名前を付けます。

 

 

エフェクトコントロール」ウィンドウのパネルメニューをクリックし、「プリセットを保存」をクリックして、プリセットに名前を付けます。

 

 

これで、急いでズームエフェクトをクリップにスローする必要があるときはいつでも、エフェクトウィンドウのプリセットフォルダを確認するだけです。

先ほど行った効果を元に戻して、画像をズームアウトすることもできます。

これは、時間の経過とともに画像内の特定のものを明らかにするのに適しています。回転など、他のもののキーフレームを追加して、より面白くすることもできます。

Premiere Proでは、ほとんどのビデオ編集アプリケーションと同様に、非常にクリエイティブになり、カラー効果やぼかしなどにキーフレームを追加することもできます。

 

 

Premiere Proでのタイムライン各種設定

 

 

オーディオとビデオのトラックスペースの調整

 

プロジェクトのさまざまな時点で、ビデオで作業してオーディオを無視したい場合や、その逆の場合があります。十分なオーディオトラックまたはビデオトラックがある場合、一部のタイムライン構成では一部が表示されなくなります。このような状況での編集を支援するために設計されたいくつかの調整とナビゲーションツールについて説明しましょう。

 

 

ビデオトラックとオーディオトラックの間のスペースを再割り当てするには

 

  1. タイムラインのトラックヘッダー領域で、高さ調整ポインターが表示されるまで、ビデオトラックとオーディオトラックの境界線上にポインターを置きます。

    ビデオトラックとオーディオトラックの間の線にポインタを合わせます。調整ポインタが表示されます。

  2. 下にドラッグしてオーディオトラックを非表示にし、ビデオ編集用のスペースを最大化します。

    下にドラッグして、ビデオ領域を最大化します。

  3. 上にドラッグしてビデオトラックを非表示にし、オーディオ編集用のスペースを最大化します。

    上にドラッグしてオーディオ領域を最大化します。

     

 

非表示のオーディオまたはビデオトラックを表示するには

 

 

  1. ビデオまたはオーディオトラックの右側にある垂直ズームバーのテクスチャグラブ領域を選択します。特別なポインタは表示されません(左側には、ビデオトラックV1〜V4のみが表示されていることに注意してください)。

    テクスチャグラブ領域で垂直ズームバーをつかみます。特別なポインタは表示されません。

  2. 必要に応じて上または下にドラッグします。(ビデオトラックV7〜V9が表示されるようになっていることに注意してください。)

    上または下にドラッグして、より多くのトラックを表示します。

     

 

PremiereProでの移動

 

これらのナビゲーションタスクはほぼ完了しましたが、カバーするもう1つの概念があります。そ

れは、表示ウィンドウと再生ヘッドの位置の違いです。表示ウィンドウは、表示用に開いているタイムライン内の領域です。以前のタスクでは、表示ウィンドウを拡大および縮小し、その中のビデオおよびオーディオトラックを表示および非表示にする方法を学びましたが、ウィンドウ内を移動する方法は学びませんでした(自分で理解したと思いますが) 。

 

表示ウィンドウを移動するには

 

タイムラインの下にあるズームバーのテクスチャ領域をつかみ、左または右にドラッグします。


表示ウィンドウを移動するには、ズームバーをドラッグします。

Premiere Proは、表示ウィンドウを選択した場所に調整します。

 

再生ヘッドを移動するには

 

次の1つ以上を実行します。

 

  • 再生ヘッドを目的の場所にドラッグします。
  • プログラムモニターの再生コントロールを使用して、ビデオを目的の場所に再生します。
  • ホームキーを押して、再生ヘッドをシーケンスの先頭に移動します。
  • Endキーを押して、再生ヘッドをシーケンスの最後に移動します。
  • 左矢印キーと右矢印キーを押して、シーケンス内で再生ヘッドをフレームごとに(またはオーディオ時間単位ごとに)移動します。
  • 上矢印キーと下矢印キーを押して、再生ヘッドを編集ポイントからシーケンス内の編集ポイントに移動します(基本的にはクリップからクリップへ)。

 

 

まとめ

 

 

今回は【トランジションのためにアドビ プレミアプロ動画の一部をズームイン・アウト(拡大縮小)する方法【Adobe PremierePro】】の紹介でした。