GIMPで画像やキャンバスの背景色追加および変更する方法

 

 

画像編集ソフトは、人々が創造性を発揮するための優れたツールです。趣味でやっている人も、壮大なビジュアルを作るのが仕事な人も、GIMPに出会ったことがあるかもしれませんね。

GIMPで背景色を変更する方法
この無料のツールは、ずいぶん前に多くの人の注目を集めました。無料で、あなたのアイデアを実現するための機能をたくさん備えています。基本的なオプションから、より複雑なものまで、このプログラムでできることはたくさんあります。

まずは、背景色を変えるという簡単なことから始めてみませんか?その方法をご紹介します。

 

 

GIMPで背景色を変更する方法まとめ

 

このプログラムでは、背景色を置き換える方法がいくつかあります。どの方法を選ぶかは、画像の背景がどの程度複雑か、つまり1つの色合いかそれ以上かによって決まります。手先が器用でないとできないかもしれませんが、5分もかからずにできます。

 

アルファプラグイン

 

アルファプラグインは、ある背景色を別の色に置き換えるための、簡単で優れた方法です。ロゴなどのシンプルな画像を扱うときに便利です。1色の背景色と相性が良く、前の色のピクセルが残らない高い精度を実現します。

何をすべきかは次のとおりです。

 

【設定の手順】

  1. 上部のタスクバーに移動し、[フィルター]を選択します。
  2. ドロップダウンメニューから、[色]、[色からアルファ]の順に選択します。
  3. 画像を右クリックします–グレー表示されているはずです。(そうでない場合は、GIMPを新しいバージョンにアップグレードしてみてください)
  4. 左側のメニューから選択するカラーピッカーツールを使用して、背景色を選択します。
  5. 選択した背景色のウィンドウがポップアップ表示されます。このポップアップウィンドウから既存の背景色をColortoAlphaプラグインにドラッグします。これがうまくいかない場合は、Color to Alphaウィンドウのカラーフィールドを右クリックし、Foregroundをクリックします。
  6. プラグインの色が置き換えようとしている色になったら、[OK]を選択します。変更が適用され、古い背景色は表示されなくなります。
  7. タスクバーの[レイヤー]メニューから[新しいレイヤー]を選択し、新しい色を選択します。
  8. 下のレイヤーをクリックすると、それだけです。これで、新しい背景色がその場所に配置されます。

 

 

 

 

フォアグラウンド選択ツール

 

次の方法も同様に機能します。特に、オブジェクトと背景の間に明確な線がある場合はそうです。

 

【設定の手順】

  1. 目的の画像を開き、レイヤーを右クリックします。
  2. [アルファチャネルの追加]を選択します。
  3. このメニューから、フォアグラウンド選択ツールを選択します。
  4. このステップでは、高い精度は必要ありません。前景オブジェクトの輪郭を大まかに描くだけで済みますが、境界線にできるだけ近づけるようにしてください。
  5. Enterキーを押します。
  6. ブラシサイズを選択し、前景オブジェクトをペイントしますが、線を中断します。写真に含まれるすべての色と色合いを含めます。
  7. Enterキーを押します。
  8. プログラムは、画像の背景部分のみを選択します。自由選択ツールを使用して、前景オブジェクトの周りにより正確な線を描画します。画像の一部を追加または削除するときは、[モード]を[現在の選択に追加または現在の選択から削除]に設定することを忘れないでください。(現在の選択は背景です)
  9. Deleteキーを押して、現在の背景を削除します。
  10. 新しいレイヤーを追加し、フォアグラウンドレイヤーの下に配置します。

 

 

 

ファジーツール

 

これは、単色の背景を新しい色に置き換えるのに役立つもう1つのツールです。これを行うには、以下で説明する手順に従ってください

 

 

【設定の手順】

  1. GIMPで目的の画像を開き、左側の[ツール]メニューでファジーツールを見つけます。
  2. [色で選択]を選択し、それをクリックして背景色を選択することもできます。
  3. 背景色を選択したら、キーボードのDeleteキーを押すか、タスクバーの[編集]メニューから[クリア]を選択します。
  4. これで写真の背景が透明になり、好きなものを自由に入力できるようになります。これは、単色または別の画像にすることができます。
  5. 古い色を新しい色に置き換えるだけの場合は、パネルからバケット塗りつぶしツールを選択して、新しい色を選択します。
  6. それをクリックして、新しい色合いで背景を着色します。新しい画像を保存することを忘れないでください!

 

これらのメソッドは、GIMPのすべてのバージョンで機能します。

1つを使用できない場合は、別の方法を試してください。問題がある場合は、GIMPのバージョンを新しいバージョンにアップグレードする必要があるかもしれません。これにより、潜在的なバグが排除される可能性があります。

GIMPで背景色を透明に変更する方法

 

背景を透明にする必要がありますか?GIMPでもこれを行うことができます。パスツールを使用してそれを行う方法については、次の手順に従ってください。

 

 

【設定の手順】

  1. 上記のセクションに示すように、アルファチャネルを追加することから始まります。レイヤーを右クリックして、[アルファチャネルの追加]を選択します。
  2. 左側のパネルからパスツールを選択します。
  3. 保持する前景オブジェクトの輪郭を手動で描きます。線をメイン線の少し内側に保つと、輪郭が最も効果的に機能します。
  4. 間違えた場合は、CTRL + ZまたはCMD + Zを使用して最後の移動を元に戻します。
  5. 最初のポイントに戻ったら、Enterキーを押します。これにより、輪郭が描かれたオブジェクトが選択されます。
  6. タスクバーに移動し、[選択]をクリックします。
  7. ドロップダウンメニューから[反転]を選択します。
  8. これで背景が選択され、キーボードのDeleteキーを押すと、背景が削除されます。

以下のセクションでは、背景色を透明に変更するその他の方法を説明します。それは通常、最後のステップを実行せず、新しいレイヤーを追加し、それを背景として設定することになります。

 

GIMPで背景色を除去する方法

 

考えてみれば、GIMPで背景を削除する方法は結構ありますね。

どれが一番自分に合っているかは、あなた次第です。背景の色を消して、新しい色に置き換えない方法は、以前紹介した方法のどれかを使えばいいので、上の説明は繰り返さないことにします。その代わりに、同じ目的に使える「はさみ選択ツール」を説明します。

 

【設定の手順】

  1. レイヤーを右クリックして、写真にアルファチャンネルを追加します。
  2. シザーズ選択ツールを選択します。ツールオプションから、インタラクティブ境界を選択します。
  3. マウスをクリックして離し、アンカーポイントを画像にドロップします。画像の前景オブジェクトの端にあるポイントをドロップします。オブジェクトと背景の間の線に沿ってマウスを動かすと、これを正しく行うことができます。ポイントを結ぶ線が表示されます。
  4. 線が前景オブジェクトのエッジに適切に位置合わせされていることを確認してください。必要な数のアンカーポイントを使用します。ポイント間のギャップを長くすると、線がうまく整列しない場合があるため、短い位置に保つことをお勧めします。
  5. 前景オブジェクト全体を選択したら、Enterキーを押します。
  6. キーボードコマンドのCTRL + IまたはCMD + Iを使用して画像の背景を選択し、Deleteキーを押して画像の背景を削除します。

注:ペンツールを使用して、はさみと同じことを行うことができます。

 

 

白い背景を削除する

 

ただし、白い背景を削除したい場合は、別の方法があります。

 

 

【設定の手順】

  1. 背景が白の画像を開きます。
  2. [レイヤー]をクリックしてから[透明度]を選択し、[アルファチャンネルの追加]をクリックします。
  3. 次に、[色]、[色からアルファ]の順に選択します。
  4. 新しいダイアログウィンドウで、ドロッパーを選択してから、白い背景を選択します。
  5. オブジェクトと背景の境界がはっきりしている場合は、この手順で背景を透明にすることができます。
  6. 微調整が必​​要な場合は、透明度のしきい値を見つけて、その横にあるスポイトをクリックします。
  7. 削除する背景の最も暗いスポットを選択します。影を落とすのに便利です。
  8. 最後のステップは、不透明度のしきい値を見つけて、その横にあるスポイトをクリックすることです。その後、前景オブジェクトの最も明るいスポットをクリックする必要があります。このようにして、背景のみを削除するようにします。
  9. 完了したら、[OK]を選択します。

この方法を使用して、画像の背景色を変更できることに注意してください。最後のステップの後、新しいレイヤーを作成します。バケット塗りつぶしツールをクリックして、新しい色を選択します。必ず元の色の下に配置してください。それだけです。

 

GIMPでレイヤーの背景色を変更する方法

 

GIMPのほとんどの画像は、写真上の要素の数によって、いくつかのレイヤーを持ちます。そのため、背景色を変更する際には、前景オブジェクトの下に背景レイヤーを配置する、という最後のステップを行う必要があります。

背景色を変更したり、画像を背景として追加する場合、通常、レイヤーの透明度を示すアルファチャンネルを追加するところから始めます。あるピクセルのアルファ値が高ければ、その下の色は見えにくくなります。低い場合は、このレイヤーの下の色が見えるようになります。

GIMP でレイヤーの背景色を変更したいとしましょう。その場合、この記事で紹介したいずれかの方法を使い、新しいレイヤーを作成し、適切な色を選んで手順を終了します。

 

GIMPに背景を追加する方法

背景の追加は、色の変更と同じように機能します。新しいレイヤーを作成することで、それを単色にするか別の画像にするかを選択できます。

新しいレイヤーを作成する3つの方法は次のとおりです。

 

【設定の手順】

  1. 上部のタスクバーにある[レイヤー]タブをクリックできます。ドロップダウンメニューから、[新しいレイヤー]を選択します。ポップアップウィンドウで、新しいレイヤーのパラメーターを設定し、調整を保存します。
  2. ショートカットを使用します。CTRL+ Vを押すか、タスクバーの[編集]をクリックしてから[貼り付け]をクリックして、フローティング選択を作成します。これは、既存のレイヤーにアタッチしたり、通常のレイヤーにすることができる一時的なレイヤーです。すでに持っているレイヤーにレイヤーを固定する場合は、[レイヤー]、[レイヤーのアンカー]の順にクリックします。
  3. [レイヤー]タブの[レイヤーの複製]オプションを使用することもできます。これにより、現在選択されているレイヤーのコピーが元のレイヤーのすぐ上に作成されます。

以前に画像から背景を削除したことがある場合は、新しいレイヤーを作成し、それを前景レイヤーの下に追加して、新しい背景を追加します。次に、バケット塗りつぶしツール(またはShift + B)を選択して色を付けることができます。

 

GIMPで写真の色を変更する方法

 

GIMPで修正できるのは、背景だけではありません。このプログラムでは、写真内のあらゆるものをさまざまな方法で再カラーリングすることもできます。正しいオブジェクトと対応するレイヤーを選択する必要があります。再カラー化したいアイテムを選択した後、「色からアルファへ」オプションを使って、まずオブジェクトを透明にし、次に希望の色を選択します。

元の色が希望する色とあまり変わらない場合は、「色」をクリックし、「色相」「彩度」「明度」オプションを変更して希望する色合いにします。

 

まとめ

 

これだけ選択肢があれば、あとはやることは一つ。自分のニーズに最も適した方法を選び、GIMPで魔法をかけるように楽しんでください。すべてのアイデアを素早く試すことができ、完璧なものが見つかるまで色を入れ替えることもできます。もちろん、背景色やオブジェクトの色を変更することは、時間の節約にもなるので便利です。

あなたは、これらの方法をすでに試したことがありますか?どれが一番効果的ですか?下のコメント欄で教えてください。