YouTube(ユーチューブ)で削除されたBAD評価数を表示する方法!悪質な動画の特定に!

2021年11月10日、YouTubeは、プラットフォーム全体のすべての動画のBADカウントを削除することを正式に発表しました。同社は、この新しい動きは、作成者に対する対象を絞った嫌がらせを制限および管理することを目的としていると述べました。

嫌いな数は、ビデオの品質だけでなく、信頼性の要因を測定するのに役立つ有用な指標でした。例–チュートリアル。アップデート以来、多くのYouTuberと視聴者がその欠陥について話し、この機能はそのままにしておくべきだと信じています。

幸いなことに、YouTubeによって無効にされている場合でも、好き嫌いの比率やその他の指標を表示するブラウザ拡張機能がいくつかあります。

 

YouTube動画のBAD数を確認する方法

 

拡張機能をインストールするだけなので、手順は簡単です。

インストールが完了したら、すぐに使用できます。この拡張機能は、GoogleのYouTube APIを使って嫌悪感の数を取得するので、推定値ではなく正確な嫌悪感の数が表示されるはずです。

 

Chrome / ChromiumブラウザでYouTubeでBAD数を確認する方法

 

【設定の手順】

1. Chrome、またはEdgeやBraveなどのChromiumベースのブラウザを使用している場合は、ChromeウェブストアのReturn YouTube DislikeChrome拡張機能ページを開きます

2.ここで、[ Chromeに追加]ボタンをクリックしてから、ポップアップの[拡張機能追加]をクリックします。

これで、インストールプロセスは完了です。設定する設定はありません。

結果がすぐに表示されない場合がありますが、心配する必要はありません。YouTubeページをリロードするだけで、拡張機能がAPIを使用してデータをプルできるようになります。

 

FirefoxでYouTube・BAD数を確認する方法

 

Firefox拡張リポジトリ、または彼らがそれを呼ぶのが好きなアドオンは、Chromeほど広範ではありませんが、幸いなことに、開発者はアカギツネ愛好家のためにそれを作りました。

 

【設定の手順】

1. Return YouTubeDislikeページを開きます。

2.ここで、[ Firefox追加]ボタンをクリックして、インストールプロセスを開始します。

これで、アドオンが追加され、アクティブ化されます。嫌いなものの数を表示するには、YouTubeページをリロードする必要があります。

 

 

 

Safari /サポートされていないブラウザでのYouTube・BAD数を確認する方法

 

Return YouTube Dislikeは、Chrome、Chromiumベースのブラウザ、Firefoxでのみ利用できます。Safariなどの他のブラウザでこの機能を利用したい場合は、ユーザースクリプトを手動でダウンロードしてブラウザにインストールする必要があります。これを行うための最良かつ最も簡単な方法の1つは、Tampermonkey拡張機能を使用することです。

【設定の手順】

1. SafariでTampermonkey拡張機能をダウンロードしますが、他のブラウザでも利用できます。

2.インストールしたら、Return YouTube Dislikeのホームページを開き、[ユーザースクリプト]オプションをクリックします。

3.これにより、Tampermonkey Webサイトにリダイレクトされ、[インストール]オプションをクリックしてユーザースクリプトをインストールできます。完了すると、ページは自動的に閉じます。

これで、Safariまたはその他のサポートされていないブラウザに拡張機能が正常にインストールされました。

 

 

vidIQでBAD数を確認する方法

 

vidIQは、YouTubeの多数のクリエイターが使用しているサードパーティの分析ウェブサイトです。このサイトでは、自分のチャンネルを成長させるためのヒントを提供し、動画での公開インタラクションに基づいた詳細な統計を提供しています。嫌いな数を確認するには、ユーザーは現在ChromeとFirefoxブラウザでのみ利用可能なvidIQ拡張機能をインストールする必要があります。

 

【設定の手順】

ステップ1:お好みのブラウザで「vidIQ拡張機能」を検索し、公式Webサイトにアクセスします。上部にオプションのリストが表示されます–「拡張機能」をクリックします。

上部の[拡張機能]タブに移動します。(スクリーンショット)

ステップ2:新しいページに、拡張機能をインストールするように求めるボタンが表示されます。それをクリックすると、アドオンページに移動し、そこにインストールできます。

拡張機能をインストールします。(スクリーンショット)

ステップ3:それが完了すると、ブラウザはリストにないYouTubeビデオを自動的に開き、アプリの概要を簡単に説明します。右側に、ログイン資格情報を要求するパネルが表示されます。vidIQ専用のアカウントを作成するか、Googleからログインすることもできます。

vidIQアカウントを作成するか、Googleからログインできます。(スクリーンショット)

ステップ4:アプリがYouTubeアカウントの情報にアクセスして変更する許可を求める場合がありますが、これは完全に正常です。これは、多くのコンテンツクリエーターによって使用されている信頼できるアプリケーションなので、すべてに同意するだけです。

ステップ5:セットアップフェーズの後、YouTubeビデオを開き、更新を押して、アプリが完全に構成されるようにします。これで、同じ右側のパネルに、好き嫌いの比率、エンゲージメント率、SEOスコアなどのさまざまな情報が表示されるはずです。

右側のパネルには、好き/嫌いの比率やその他の統計が表示されます。(スクリーンショット)

アプリはYouTubeの最新の変更に完全には適応していないため、一部の時点で指標がグリッチになる可能性があることに注意してください。しかし、単純な更新で修正されないことは何もありません。

 

Dmitry SelivanovでBAD数を確認する方法

 

Dmitry Selivanovによって作成されたこのサードパーティのブラウザ拡張機能は、「文字通り」、YouTubeで嫌いな統計を表示する機能を返します。プラグインは、YouTubeの公式データAPIを精査して、ユーザーデータから廃棄された嫌いな統計情報と推定値を取得し、ほぼおおよその値を提示します。このアプリもオープンソースであり、GitHubページからアクセスできます。

 

【設定の手順】

ステップ1:お好みのブラウザで「returnyoutube dislike GitHub」を検索し、2021年11月10日に更新された最初のリンクをクリックします。または、ここをクリックしてページにアクセスすることもできます

ステップ2:そのすぐ横のaboutセクションに、リンク(returnyoutubedislike.com)が表示されます。クリックして。

 

ステップ3:これにより、公式Webサイトに移動し、インストールを押してChromeまたはFirefoxを選択できます。公式の拡張機能ページが表示されたら、ブラウザに追加できます。

ステップ4:今あなたがする必要があるのは、YouTubeビデオを開いて、一度更新を押すことです。嫌いな数は、更新前と同じように下部に表示されます。

 

 

注意事項

 

  • エクステンシソンはYouTubeAPIを使用して嫌いな数を表示します。しかし、GoogleはすでにAPIをシャットダウンする計画があることを確認しています。後で、拡張機能は、アーカイブされた嫌いな統計と拡張機能ユーザーからの推定データの組み合わせに切り替わります。つまり、より多くのユーザーがインストールして使用するほど、より正確になります。

 

  • 現在のところ、好き嫌いにカーソルを合わせると、デフォルトの機能よりも多い四捨五入された数値ではなく、正確な数値を取得できます。

 

  • この拡張機能は、Kiwiブラウザを使用してモバイルで使用できます。

 

  • YouTube APIがシャットダウンするため、Return YouTube Dislikeは、視聴している動画に関連するデータを収集し、他のユーザーに表示する嫌いなものを追跡します。開発者は、そのデータをプロファイルにリンクしないことを確認しましたが、注意が必要です。

 

  • 一部の古い動画では、サーバーが2〜3日ごとに更新されてカウントが更新されるため、嫌いなカウントは定期的に更新されません。

 

まとめ:YouTube動画で嫌いなものを数える

 

拡張機能は宣伝どおりに機能し、カーソルを合わせると正確な嫌いな数が表示されるため、元の機能よりもさらに優れています。ただし、2つの欠点があります⏤YouTubeAPIは廃止され、近い将来精度が低下し、拡張機能が嫌いなものを読み込むのに数秒かかります。