DaVinciResolveで「複合クリップ(グループ化)」の設定・使い方!タイムラインをスッキリ!

 

グレーディングプロセスで使用されるグループ化されたクリップや複合ノードと同様に、複合クリップでは、ユーザーは「編集」ページや「カラー」ページでクリップをまとめておくことができます。

DaVinci Resolveの複合クリップ機能は、基本的に他のノンリニア編集プログラムと同様に機能するグループ化機能です。例えば、Premiere Proから導入した場合、これはクリップをネスト化するようなものです。複数のクリップを1つにまとめることができます。

それではDaVinci Resolveで複合クリップを最大限に活用する方法をご紹介しましょう。

 

DaVinciResolveで「複合クリップ(グループ化)」の使い方

 

複合クリップを使用する最大のメリットは、シーケンス内の個々のクリップに特定のトランジションやエフェクトを追加・適用する際の時間を節約できることです。

 

例えば、タイトルと下3分の1(さらにオーバーレイも)がタイムライン上に重なっているショットがあり、次のクリップに特定の方法でディゾルブやトランジションをかける必要があるとします。

個々のクリップにエフェクトを適用するのではなく、それらを複合クリップにします。複合クリップにエフェクトを適用すると、すべてのクリップに自動的にそのエフェクトが適用されます。

 

では詳しい複合クリップの使い方を見ていきましょう。

 

複合クリップの開き方

 

グループ化したいショットまたはcontrol/commandでクリックし、その上で右クリックします。メニューの一番上にある「新規複合クリップ」を選択します。複合クリップは、必ずしも互いに連続している必要はありません。

ダイアログボックスが表示されるので、複合クリップに特定の名前を付けることができます。作成」をクリックすると、複合クリップが独立したクリップとしてビンに表示されます。これで、この複合クリップをタイムライン上の任意の場所に配置することができるようになります。

例えば、タイムライン上に何度も配置しなければならないシーケンスがあるとします。それを複合クリップにして、ビンに入れておけばいいのです。必要なときに取り出して、好きな場所に配置することができます。これで何時間も節約できます。

新規複合クリップ」をクリックすると、次のようなボックスが表示されます。

 

ここでは、クリップに好きな名前を付けることができます。複数の複合クリップを作成する場合は、名前を付けることを強くお勧めします。そうすることで、適切なクリップを探すためにBinの中のクリップをかき集める作業を省くことができます。

 

 

複合クリップの調整

複合クリップの上で右クリックし、「タイムラインで開く」をクリックします。

ここで、グレーディングされていない5つの異なるショットから複合クリップを作成することにしたとしましょう。当然のことながら、カラーページでクリップをグレーディングすると、5つのクリップすべてに同じグレーディングが適用されます。そこで、必ず複合クリップの中に入って、各ショットを個別にグレーディングしてください。

複合クリップを開くには、上の図のように、複合クリップを右クリックして「タイムラインで開く」を押します。

各クリップを個別にカラーリングするには、「タイムラインで開く」を使って複合クリップに入り、「カラー」ページに切り替えて、通常通りにグレーディングします。複合クリップから戻るには、マスターシーケンスの名前をクリックします。

 

複合クリップの分解

 

では、複合クリップを削除したいとしましょう。あるいは、あるクリップを別のクリップに交換するなど、何かを変更したい場合や、単に複合クリップにしたシーケンスが不要になった場合もあるでしょう。

複合クリップは、作成するのと同様に簡単に取り除くことができます。複合クリップを選択し、その上で右クリックして、「所定の位置で分解」を選択します。

「所定の位置で分解」を選択すると、複合クリップを取り除くことができます。
これで、すべてのクリップが元に戻り、タイムライン上の元のクリップを長くしたり、削除したり、その他必要なことができるようになりました。

 

複合クリップの他の用途

最近、Resolveであるプロジェクトに取り組んでいて、オーディオクリップに素早くリバーブ効果を適用する必要がありました。急に止めるのではなく、エコーアウトでビートを終わらせる必要がありました。これは新しいことでもなければ、編集で聞いたことのないことでもありませんが、もしあなたがResolveに慣れていないのであれば、複合クリップを作成するのが良いでしょう。

考え方は簡単です。リバーブで引き出したい音を見つけて、それをクリップの他の部分から分離し、その新しいクリップを複製し、そのクリップを複合クリップにして、複合クリップの中にTHATを複製し、一番下のトラックをドラッグしてミュートします。

これにより、Resolveはオーディオクリップが実際よりも長くなっていることを伝え、音が出ないようにクリップをさらに伸ばすことができます。エフェクトが適用されると、トラックがフェードアウトする際にリバーブ音が追加されます。

 

まとめ

 

 

今回は【DaVinciResolveで「複合クリップ(グループ化)」の設定・使い方】に紹介でした。