Final Cut ProXから高解像度のムービーをエクスポート/書き出しする方法

 

 

 

映画やビデオプロジェクトの高解像度のマスターQuickTimeファイルを作成する場合は、FCPXがそのために最適化されています。

もちろん、さまざまな高解像度のエクスポートオプションが利用可能であるため、どのエクスポート設定が最良の結果をもたらすかを判断するのは、まったく混乱しないにしても、気が遠くなる可能性があります。

これはFCPXから高解像度のQuickTimeムービーをエクスポートするための高速で簡単な方法です。

 

 

Final Cut ProXから高解像度のムービーをエクスポート/書き出しする方法

 

Final Cut ProからYouTubeにメディアファイルをエクスポートする手順について説明する前に、ビデオを高速にアップロードする場合は、圧縮ファイル(低解像度)に変換することをお勧めします。

これにより、アップロードが速くなります。ただし、ファイルの変換は必須ではなく、本物のファイルのアップロード速度も問題ありません。

ファイル圧縮は時間を節約する方法にすぎません。小さいフォーマットと高解像度フォーマットに対して行うことができる明確に定義された設定は次のとおりです。

 

フォーマットの設定

スモールフォーマット設定:
  • 解像度:842 x 480
  • ビデオコーデック:H.264 Faster Encode
  • フォーマット:ウェブホスティング
  • より小さなフォーマットサイズにすることもできます。
高解像度フォーマット設定:
  • 解像度:ビデオが撮影された解像度に関係なく、まったく同じパターンで表示されます
  • ビデオコーデック:Apple Pro-Res 422
  • フォーマット:ビデオとオーディオ

 

ステップ1:適切なエクスポートオプションを選択する

 

右上隅にある[エクスポート]ボタンを見つけます。

Facebook、YouTube、Vimeoに直接エクスポートするなど、あらゆる種類のオプションが表示されます。これらのサイトはビデオを望ましくない方法で圧縮し、品質の低下につながる可能があることに注意する必要があります。そのため、マスターファイルを選択することをお勧めします。 これにより、より多くのエクスポートオプションが表示され、最終製品をより細かく制御できるようになります。

これを開いたら 、プロジェクトの名前を変更し、  Spring、Hiking、Outdoors、Sonyなどの説明タグ を 追加できます

 

ステップ2:フォーマットを設定する

 

プロジェクト名、説明、およびタグを設定したので、[設定]に移動します。

確認してくださいビデオとオーディオを下のフォーマット]タブ。ビデオのみまたは オーディオのみとしてチェックしたままにすると、FCPXはどちらか一方のみをエクスポートします。

この後、コーデック選択する機会が表示されます。

 

ステップ3:適切なコーデックを選択する

 

コーデックの選択は恐ろしいように思えるかもしれません—多くのオプションがあります。 AppleProRes 4444 XQは最高品質ですが、必ずしもこのルートを選択する必要はありません。ファイルサイズは次のようになりますあまりにも大きいとあまりにも多くのスペースを取るでしょう。

H.264を使用することをお勧めします(Vimeo とYouTubeは同じことをお勧めします)—品質は維持されますが、ファイルサイズは大幅に小さくなります。実際、Webで公開および表示されるコンテンツについては、H.264最適です。

繰り返しになりますが、コーデックを選択するときは、注意してください。品質が高いほど、ファイルサイズが大きくなります

 

ステップ4:QuickTimeとして保存

 

前の手順の後、チャプターマーカー作成するためのチェックボックスがオンになっている(またはチェックされていない)ことが表示されます。これは実際にはDVDを作成するときにのみ当てはまります。

最後に、ファイルを QuickTimeムービーとして開くように設定すると、準備が整います。設定を再確認し、ビデオ を目的の保存場所に保存してください。次のプロジェクトへ!

 

 

キーボードショートカットで素早く書き出しする設定

 

プロジェクトを圧縮したり転送したりする前に、必ずエクスポートしたいと思っています。そのため、いつも「共有」→「マスターファイル」を使用しています。しかし、私はこの作業を頻繁に行うため、時間を無駄にしたくないので、このプロセスにはキーボードショートカットを使うことが多いです。Command+Eです。

このスクリーンショットを見るとわかるように、「共有」→「マスターファイル」のショートカットがありません。そこで、「コマンド」メニューを使ってショートカットを作成してみました。

[コマンド」メニューには、「共有」メニューがないため、エクスポート用のキーボードショートカットを作成することができません。

これはスキャンダルです。私がこの驚くべき事実を発表するやいなや、何人もの(いや、何十人もの)読者から、Appleはこのショートカットをコマンドメニューから環境設定に移動させたとの書き込みがあった。スキャンダルではなく、ただ場所が変わっただけだった。

つまり、私は適切な注意を払っていなかったのです。

 

 

目的地の作成

Final Cut Pro Xからプロジェクトを書き出す際には、必ずマスターファイルを書き出すことをお勧めします。これは、FCPから最高の品質で最速のエクスポートを可能にします。

Final Cut Pro Xからプロジェクトをエクスポートするときの私の推奨事項は、常にマスターファイルをエクスポートすることです。これは、FCPからの最高品質で最速のエクスポートです。

マスターファイル(または左側のリストから他のオプション)を選択すると、右側でデフォルトのエクスポート設定を行うことができます。私のお勧めは、ProRes 422を使って書き出すことです(高画質とファイルサイズの小ささのバランスが取れています)。

  • ProRes 422は、マスターファイルに関する私の一般的なコーデックの推奨事項です。これにより、比較的小さいファイルサイズと優れた画質のバランスが取れます。
  • ソースと同じ解像度とは、プロジェクトと同じ画像解像度でエクスポートすることを意味します。この選択により、ソースメディアのピクセルアスペクト比が自動的に一致し、ほとんどの場合、最高の画質が得られます。
  • リニアPCMは、エクスポートできる最高のオーディオ品質である非圧縮オーディオを意味します。

上記のスクリーンショットは、デフォルトのエクスポート設定を示しています。

:DVDの書き込みまたはVimeoへのエクスポートを試みたときに、エクスポートを妨げる「不良フレーム」エラーのレポートが多数表示されます。最初にマスターファイルをエクスポートしてから、別のソフトウェアを使用して、ファイルを別の手順として圧縮/処理/書き込みすることをお勧めします。

 

 

デフォルトのキーボードショートカットを設定する

 

エクスポートキーボードショートカットを設定するのは、この[設定]ペインです。これらは[ファイル]> [共有]メニューに表示される宛先であるため、左側にリストされているオプションのいずれかになります

:右側のリストは、潜在的な宛先です。左側のリストに宛先を追加するには、アイコンを右から左にドラッグするだけです。上下にドラッグすることで、積み重ね順序を変更できます。左側で選択し、右側で設定を調整することにより、任意の宛先のデフォルトのエクスポート設定を構成できます。

Command + Eキーボードショートカットを作成するには、ショートカットに使用する宛先(私の場合はマスターファイル)を右クリックして、[デフォルトにする]を選択します。

ショートカットが宛先に適用されると、Final Cutは宛先の後に「(デフォルト)」という単語を表示します。

これを自分で証明するには、[ファイル]> [共有]> [マスターファイル]を選択し、Command + Eショートカットがそれが属する場所に表示されることを確認します。

この変更を指摘してくれたすべての人に感謝します。次回Command + Eがなくなったとき、どこを見ればよいかわかります。

 

 

まとめ

FCPXは、ネイティブプログラム内のエンコードオプションでその機能を実際に開放しました。コーデックのエクスポートのニーズに対するソリューションのほとんどは、組み込みです。

ただし、エクスポートのニーズがもう少し複雑な場合(バッチエクスポート、HDRなど)、これらの機能を開くためにCompressorのコピーに投資する価値があるかもしれません。Compressorには、エクスポートと使用するコーデックを実際に微調整するためのより多くのオプションがあります。