Final Cut ProXでtiktok用の正方形または縦長の垂直ビデオを作成および編集する方法

 

 

FCP Xを使用すると、縦長のビデオを作成および編集するプロセスが簡単になります。

Final Cut ProXでtiktok用の正方形または縦長の垂直ビデオを作成および編集する方法は次のとおりです。

 

 

最高のTikTokビデオ&オーディオフォーマット

 

見栄えの良いTikTokビデオを作成するための最初のステップは、垂直方向のビデオサイズで撮影することです。そしてもちろん、最高のTikTok解像度を得るために、同じサイズで編集します。 

編集ソフトウェアでは、プロジェクトを作成するときに垂直方向を選択できます。Final Cut Pro Xでは、ビデオフォーマットの下のドロップダウンメニューからその選択を行うだけです。

4K(必要)で撮影した場合は、最高のビデオ解像度である2160 x3840ピクセルを選択してください。フレームを遅くする場合は、フレームレートを23.98または60に設定します。

 

TikTokビデオの長さ

 

アプリが最初に起動されたとき、TikTokビデオの長さは15秒に制限されていました。現在、このアプリでは、15秒のクリップを4つ組み合わせることで、最大60秒を記録できます。T

ikTokは、3分間のビデオをすべてのユーザーにいつでも公開します。(このオプションはベータ版であり、現在このオプションを使用できるのは一部のユーザーのみです。)

 

 

Final Cut ProXでtiktok用のビデオを作成および編集する方法

 

 

編集する手順

FCP X内で、[ファイル]> [メディアのインポート]を選択しました(ショートカット:Cmd + I)。接続されたiPhoneが[メディアインポート]ウィンドウの左上隅に表示されます。丸いアイコンは、FCPがまだ電話からデータを取得していることを示し、上向きの矢印を使用すると、電話をコンピューターから切断または「イジェクト」できます。

サイドバーでiPhoneを選択すると、[メディアインポート]ウィンドウの下部にビデオと静止画の両方のサムネイルが表示されます。ここでは、たとえば、カチカチと音を立てるおじいさんの時計を撮影した4つの垂直ビデオクリップを見ることができます。

iPhoneは圧縮されたMP4ビデオを撮影します。単純なプロジェクトを編集している場合は、最適化されたメディアを作成する必要はありません。ただし、多くのエフェクトを追加したり、これをより大きなプロジェクトの一部として含める場合は、メディアを最適化することで、長期的には時間を節約できます。

このトレーニング例では必要ありませんが、最適化されたメディアを作成することにしました。

 

:一般的に、私は常にメディアを最適化することをお勧めします。メディアがすでに最適化された状態にある場合、FCPXは新しいメディアを作成しません。

次に、新しいプロジェクトを作成し、自動設定を使用します。(これは、左下のボタンに「カスタム設定を使用する」と表示されている画面です。)

最も重要なことですが、プロジェクトの設定は変更しないでください。テキスト:ビデオ:最初のビデオクリップのプロパティに基づいて設定が表示されていることを確認します。これにより、垂直ビデオの構成が簡単になります。

次に、垂直クリップを編集して、空の新しいプロジェクトにします。FCP Xはこのクリップを使用してプロジェクト設定を構成するため、これが視聴者に見せたい最初のクリップではない場合でも、これは重要です。

その最初の非標準のビデオクリップがタイムラインに編集されると、このダイアログが表示されます。フレームサイズは、iPhoneで撮影したビデオのサイズと一致するようにすでに設定されていることに注意してください。

これらの設定は変更しないでください。これにより、FCP Xは、このクリップの仕様に一致するようにプロジェクトのプロパティを自動的に構成できます。

これを適切に行うと、クリップがビューアに垂直に表示されます。

左上隅のビデオサイズに注意してください:1080 x 1920、30fps。これは9×16のアスペクト比です。また、この新しいアスペクト比に対してセーフゾーン(細い黄色の線)が適切に描画されていることにも注意してください。

他のビデオ素材と同じように、垂直クリップを編集、トリミング、および再配置します。

他の編集と同じようにタイトルとエフェクトを追加することもできます。新しいアスペクト比で作業しているだけです。

最終プロジェクトをエクスポートするときは、[ファイル]> [共有]> [マスターファイル] を選択して、後で圧縮するための高品質のマスターファイルを作成します。

または、[ファイル]> [共有]> [Apple Devices 1080]を選択し、最終的なプロジェクトに必要な最終的な圧縮フレームサイズを選択します。

 

:最終的なエクスポートのアスペクト比が元のメディアのアスペクト比と一致していることを確認してください。1080 x1920と608×1080の両方がアスペクト比に一致します。

 

 

これが完成したビデオの静止画です。ピラーボックスなしで垂直に表示されます。

縦長のビデオでの作業は難しくありません。重要なのは、プロセスを考え抜かないことです。FCP Xに、垂直クリップに一致するようにプロジェクト設定を自動的に構成させます。その時点で、残りは簡単です。

 

 

Final Cut Pro Xからのエクスポート:

  1. [ファイル]> [共有]をクリックしてから、[マスターファイル]をクリックします
  2. [設定のエクスポート]に移動し、ビデオコーデックがH.284 FasterEncodeであることを確認します
  3. フォーマットとして[コンピューター]を選択します。また、可能であれば、最大ファイルサイズが20メガバイト以下になるように撮影してください。
  4. オーディオの場合は、mp3形式ではなくAACを選択します
  5. [次へ]をクリックして、プロジェクトをデスクトップに保存します。

ファイルサイズに関しては、TikTokはAndroidユーザーに72 MBを許可し、AppleiOSユーザーは最大287.6MBをアップロードできます。

次に、ビデオファイルを携帯電話に転送します。このステップでは、ファイルの圧縮に注意してください。あなたはそれを望まないので、転送の方法が重要です。Appleの電話を使用している場合は、自分でAirdropするだけです。Androidを使用している場合は、DropBoxまたはケーブルを使用してロスレス転送を行います。

 

まとめ

 

今回は【Final Cut ProXでtiktok用の正方形または縦長の垂直ビデオを作成および編集する方法】の紹介でした。